奇奇奇譚編集部 ホラー作家はおばけが怖い (角川ホラー文庫)

著者 : 木犀あこ
  • KADOKAWA (2017年9月23日発売)
3.10
  • (2)
  • (3)
  • (11)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :78
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041061374

作品紹介・あらすじ

霊の見える新人ホラー作家の熊野惣介は、怪奇小説雑誌『奇奇奇譚』の編集者・善知鳥とともに、新作のネタを探していた。心霊スポットを取材するなかで、姿はさまざまだが、同じ不気味な音を発する霊と立て続けに遭遇する。共通点を調べるうち、ふたりはある人物にたどり着く。霊たちはいったい何を伝えようとしているのか?

怖がり作家と最恐編集者のコンビが怪音声の謎に挑む、第24回日本ホラー小説大賞・優秀賞受賞作!

奇奇奇譚編集部 ホラー作家はおばけが怖い (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第24回日本ホラー小説大賞優秀賞受賞作品。
    ホラー大賞…なのか?全然怖くなかった。登場人物はものすごく怖がっているけど、その怪異がもしかしたら自分の前に現れるかも…!というような怖さは全くなく、さらっと読了。
    作中の二人が目指す「斬新で、誰も見たことがなくて、それでいて腹の底を揺さぶるような、究極の恐怖たる作品」には程遠いと感じました。

  • 2編収録されているが後のほうの弱い作家と強い編集者との出会いを書いたエピソードのほうが面白く読めた。ただホラー小説としてはあまり怖くはなかったので今後シリーズ化されたら期待。

  • 設定とかは凄い好み。でももっと怖い方がいいな

  • 題や表紙から最初感じたエンタメホラーな印象より、登場人物の心情に寄り添った、ホラーらしくもありホラーらしくもない話で、面白かったです。
    主人公コンビの掛け合いがくすりと面白いし、ホラーなシーンもぞくりと背筋に来るものがあって、楽しめました。細かくはどれもネタバレになってしまうのですが、怪奇(幽霊?)現象の解釈や文字・音に関するネタが物語を深くさせていて、怖いだけじゃない物語の結末が印象的。

    難点は、私の記憶力が悪いのか、時間の都合でぶつぎりで読んだのが悪いのか、主人公コンビの珍苗字の読みが最後まで覚えられずに…。2人の能力に意味があるのかなと考えながら読んでいたのですが、本筋とはあまり関係がなかったのね。
    次があるなら、そこも絡んでくるのかな。
    そんな所を含めても続きを読んでみたい作品でした。

  • 怖がりなホラー作家の主人公と鬼畜編集者の2人が、「究極のホラー小説」を求めてネタを探しに心霊スポットを巡っていく話。

    この主人公のホラー作家・熊野(ゆや)さんは、霊が「みえ」て、感じられる人。
    彼の担当編集者の善知鳥(うとう)さんは、霊がみえないけど霊に「強い」人。
    収録されている二編のうち、『幽霊のコンテクスト』はホラースポットを巡りながら小説のネタを探していくうちに、出会った霊たちのある共通点に気付き、その謎を解明していく話で、『逆さ霊の怪』では2人の出会いが描かれた話。
    二編とも、非現実的な「霊」との怪奇現象が起こるのですが、その「霊」の概念が(個人的に)覆される話でもありました。この小説内で語られる「霊」は、ただの「霊」ではないです。
    そしてただのホラー小説じゃないです。かなりコメディ色が強い。
    超絶ビビリな私でも読了できたので、怖がりな方も大丈夫なホラー小説だと思います。

    特に熊野さんが、怖がりなのに頑張って霊たちの言葉を理解しようとする姿がとても健気。自分を怖がらせた霊なのに「あの子」とか「あのこたち」って言うのが可愛い…そして優しい。
    一方の善知鳥さんは、初っ端から人にも霊にも容赦ないところが笑えました。(時々熊野さんがあまりにも可哀想に思える所も)

    私は2人の出会いを描いた『逆さ霊の怪』の方が好き。
    熊野さんが幽霊を恐れる理由とか描写があり、善知鳥さんの鬼畜度がこちらの方が高くて恐かった。
    そして何より「霊」の正体に驚きました。
    そういうのもあるのか…!と。

    ホラーだけどコメディ、少し切ないけど読了後は少し温かい、正反対だけど相性の良い2人組小説でした。

  • 幽霊を見ることができるホラー作家と幽霊が怖がる編集者のバディもの。

    熊野さんの無理です!いやです!無理です!な態度に最初はイラァッとしたけど確かに彼が体験した恐怖を考えれば無理ですになるのも頷けるなあ・・と
    善知鳥さんがいれば怖いものなしじゃないかな

    幽霊のコンテクストは物書きさんならグッとくるものがあると思う
    ただ・・なんであんな事態になったのか。世に発表されなかった未練?

    熊野さんと善知鳥さんの出会いを書いた逆さの霊の怪もグッとくる。特に善知鳥さんが編集者を目指したきっかけ

  • 購入。

    確か、ダ・ヴィンチで知って。
    確かに怖くないホラー。二編読んだけど、怖くない(笑)。メタホラーっていうの?
    でも、キャラクターはなかなかに気になる方々で。続きがあるようなら、読んでみたい感じ。なので星は低めかな。

  • 日本ホラー小説大賞優秀賞受賞作。
    霊の見えるホラー作家と霊に強い編集者のコンビが繰り広げるホラー。奇妙な霊や怪現象の伝えようとすることを探る部分はミステリ的でもあります。
    適度にライトな読み心地とキャラ立ちでさくさく読めました。数々の怪異も面白いけれど……個人的には、まったく怖くなかったのがちと残念。ていうか善知鳥の方が霊よりよほど怖いのですが(笑)。熊野の作品も怖くなさそう……だけどなんか気になるので読んでみたいよなあ。「さもなくば胃は甘海老でいっぱいに」とか。めちゃ読みたい。
    でもこれ、本書きとか本読みとか、そういう人にとってはラストがとても切ないなあ。あのメッセージが何とも言えません。

全9件中 1 - 9件を表示

奇奇奇譚編集部 ホラー作家はおばけが怖い (角川ホラー文庫)のその他の作品

木犀あこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
米澤 穂信
今村 昌弘
小野 不由美
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

奇奇奇譚編集部 ホラー作家はおばけが怖い (角川ホラー文庫)はこんな本です

奇奇奇譚編集部 ホラー作家はおばけが怖い (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする