ホーンテッド・キャンパス 水無月のひとしずく (角川ホラー文庫)

著者 :
制作 : ヤマウチ シズ 
  • KADOKAWA
3.71
  • (4)
  • (19)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 91
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041061497

作品紹介・あらすじ

「わたしと、付き合ってもらえませんか」突如、こよみから告げられた森司。しかしそれはストーカー気質の先輩を牽制するため。落胆しつつも安心する森司だけど、身の毛もよだつ依頼がオカ研に持ち込まれ…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018.6.5 読了

  • 支配欲。「欲」がすべて悪とは言わない。でも、自分でコントロールできないほどのものは怖い。それが、権力と絡みあったらなおさら。

    なんですか!2人とも。「健康に良くない」って!もー。焦らすなぁー。

  • よかった。既刊も再読してしまった。

  • シリーズ第12弾。
    本作でオカルト研究会へ持ち込まれた3つの事件は、パワハラ、学校で浮かないための処世術やイジメといった、ハラスメント絡みが根底にあって起きた怪異。こよみちゃんが困っていたことも、また然り。
    今回も面白かったです。
    森司くんとこよみちゃんの会話がなんとも甘酸っぱいというか、むず痒いというか(笑)。この2人の仲がどうなっていくかも見逃せません。

  • シリーズ12作目。今回も半端なく怖い! 生きてる人間も、死んだ者の霊も(どっちかといえば、生きた人間のほうが怖いのかなあ?)。そしてなんと、過去に登場したあの一番わけがわからなくって気持ち悪い恐怖の家が、あんな形で絡んでくるだなんてっ! あの家、いったいどんな因縁があるのでしょうか。指絡みの何か。怖いけれどものすごく気になる……。
    そして、抱腹絶倒のラブコメも健在。胸キュンどころか心不全起こしかけてるってそれはいったい何なの(笑)。ていうか、その程度で三途の川渡りかけてどうする! あーほんっと、保護者気分で目が離せません。

  • 2017/11/16

  • ホラーや恋愛小説だけでなく、社会派な部分やミステリーめいた部分などがあって、いろんな魅力が織り込まれてる。

  • ただ一言。若いっていいね。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

作家

「2018年 『アンハッピー・ウエディング 結婚の神様』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ホーンテッド・キャンパス 水無月のひとしずく (角川ホラー文庫)のその他の作品

櫛木理宇の作品

ホーンテッド・キャンパス 水無月のひとしずく (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする