モモコとうさぎ

著者 : 大島真寿美
  • KADOKAWA (2018年2月1日発売)
3.19
  • (1)
  • (6)
  • (11)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :124
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041061619

作品紹介・あらすじ

モモコ、22歳。就活に失敗して、バイトもクビになって、そのまま大学卒業。もしかして私、誰からも必要とされてない――!?
そんなやり場のなさから、ひたすら、ちくちくと縫い物に没頭する日々。ここに籠もって、暗い現実を、なんとかやり過ごせたら。でもそうは問屋が卸さない。家を出る羽目になったモモコは知り合いの下宿を転々とし、3Kの肉体労働にも黙々と従事し、明日をも知れぬその日暮らしを続けるうちに、肌身離さず持ち歩いていたぬいぐるみのうさぎに導かれるように、いつしか自分のルーツともいうべき場所に漂着していて――。
外国人労働者、格差社会、限界集落、地方の共同体、超長寿社会……
のっぴきならない現実をつぶさに目の当たりにし、いかに自分が非力かを痛感するたび、自分が傷だらけになって崩壊していきそうで、とにかく怖くて。それでもその場その場で、野草のように地面に根を張ろうとするかそけき女子の意外にタフな生命力。
就職とはなんぞや。働くとは、生きるとは――。
寄るべない気持ちで、たゆたうように現代を生きるすべての若者の、云うに云われぬ不安と憂鬱と活路を余すところなく描き出した人生応援歌!

モモコとうさぎの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 30年前の20代は「モラトリアム世代」と言われ、今の20代は自分探し世代を呼ばれる。
    自分には何の仕事が向いているのか、自分は何をやりたいのか、そもそも自分とは何者か?
    いつになっても社会に出ていくその一歩は20代そこそこの者にとってはひとつの大きなハードルで。そのハードルをなんなくするっと超えていく人と、そこで躓いて立ち止まって前に進めなくなったり後戻りしてしまったりする人がいる。
    自分のそのころを振り返ってみると、ハードルがあったことさえ気づかずに通り過ぎてしまったみたいでモラトリアム世代失格だな、もっと悩んでおくべきだったな、とつくづく思う。
    モモコは就職に失敗して、ハードルの前からじわじわとコースを外れて行ってしまったわけだけど、そもそもモモコにとってはそのハードル自体がみんなとは違っていたんじゃないかと思ったりもする。考えが甘い、というのはあるとしてもいろんな意味で「今いる場所」から「外」に出るべき時であったのだろう、と。巣からの旅立ち。まぁ誰にとってもそうであるのかもしれないけど。
    モモコがその特異な半生を特異だと思わないまま22歳まで来られたのはある意味幸せだったのだろうけどその幸せのリミットが22歳だったのだろうね。そのリミットをしかけたのがうさぎなんじゃないか、と思ったりもして。
    うさぎネットワークでつながったうさぎたち。これは物語の中ではすこし後ろに隠れているけど、ものすごく広くて大きな何かを含んでいるんじゃないか。だってネットワークですよ。天才的な研究者によって莫大な資金を投じて開発されたネットワークですよ。もしかするとコレは壮大なSFなんじゃないでしょうか。日本国中にばらまかれたうさぎたち。彼らがパワースポットを通じていろんな人の動向を共有している。
    この人とこの人を会わせると何か面白いことが起こるかも、とか、この人にはこの時まで自由に動いていてもらおう、そしてビッグバンを起こしてもらおう、とか。そんなことをうさぎたちのネットワークで計画立てあっている。モモコにとってはそれが22歳の1年間。
    うさぎによって導かれた出会いと動き出した人生は、日本中のモモコに今後もたらされるべきテストケースだったのかもしれない。あるいはモモコが感じたパラレルワールドにその都度入り込ませていたのか。別の人生を歩んでいるはずのモモコと入れ替わらせていたのか。

    モモコが出会っていく人たちも、なんだかとっても変わっている人ばかりでそれもいつもの大島さんらしくてうれしい。なんでこんな変な人ばかりと出会うのか。呼び寄せているのか、モモコが。いや、やはりこれもうさぎだ。うさぎが呼び寄せているんだ。
    あぁ、でももしも他の誰かがみね婆やメリーやりるさんと出会っていてもこんな風にはいかなかったかも。ただ出会ってすれ違って別れていくだけの関係だったかも。そこにはやはりモモコと引き合い影響し合い別の道へと押し出してくれる何かがあったから。磁石の+と-の関係のように。もしくはブロックの凹凸のように。だからやはりこれはあのときうさぎをもらったモモコにしか起こりえない物語で、ひとつのモモコの人生の物語ということなんだよね。

    物語の中にいくつもの大きな問題が描かれている。就活、ブラック企業、過疎の村…誰もがいつかどこかでかかわることになるそんな問題たち。もしそのときにこのモモコの物語を思い出せたら、多分きっと少し心が軽くなるんじゃないか。そんな気がする。

  • 就職に失敗したモモコが引きこもりになって縫い物ばかりする.「ちくちくちく」という音がとても効果的に使われる.そして,やたらと開発費のかかったといううさぎをリュックに入れて家を出る.友達,兄,亡くなった父のお墓,桃源郷などを転々としながら自分探しの旅は続く.最後までウサギの存在が謎だった.

  • 就活に失敗し引き籠って縫い物をしていたモモコが、現在の父親との会話をきっかけに家出し、不思議な雰囲気を持つうさぎのぬいぐるみと一緒に放浪を繰り返す物語。

    現実に「地方には仕事がない」と言われているけれども、それは求人がないという限られた意味合いかもしれないということに気づかせてもらった。モモコが色々な「仕事」を経験していったように、地方にも人手が必要な場面はいくらでもあって、給料という生きる手段の代わりに生きることそのものが得られる可能性は多くあるのだろうと思った。

    常にモモコと行動をともにするうさぎが要所で存在感を示しつつ、一歩引いたところで物語と馴染んでいるのも示唆的だと思った。

  • +++
    働くって、生きるってどういうことだろう―。モモコ、22歳。就活に失敗して、バイトもクビになって、そのまま大学卒業。もしかして私、世界じゅうで誰からも必要とされてない―!?何をやってもうまくいかなかったり、はみだしてしまったり。寄るべない気持ちでたゆたうように生きる若者の、云うに云われぬ憂鬱と活路。はりつめた心とこわばった躰を解きほぐす、アンチ・お仕事小説!
    +++

    家庭の事情には複雑なものがあったが、それ以外には大学まで躓かずにやってきたモモコだったが、就職活動にことごとく失敗し、自分は世界中から必要とされていないのではないかという強迫観念にさいなまれ、引きこもってちくちくと縫物ばかりしている日々。そして不意に思い立っての家出。初めは友人知人に頼りつつ、暗~く生きていたが、触れ合う人たちから次第に掃除の腕を買われ、仮の居場所を得ていく。だが、そことて終の棲家とは言えず、モモコは自分の居場所を探し続けるのである。彼女にいつも寄り添うのは、かつての母のパートナーの連れ子である姉がくれた不思議なうさぎ。うさぎ同士が同期して不思議な力を持つようになるという。ときおり、あちこちにいるうさぎたちが話し合っていたりはするが、彼らがあまりうまく生かされていないような印象でいささか残念な気はする。結局、モモコの行く末は、いまだに茫漠としてはいるが、家出した当初から比べると、得るものがたくさんあったようには思える。母や家族に翻弄されず、これからはモモコとしての人生を生きていってほしいと思わせる一冊である。

  • 物語の始めは、就職活動が上手くいかず、無力感に苛まされていたモモコが、家出をして、流れ着いた先々で掃除や裁縫、細々とした手伝いをしながら、細々と暮らしを紡いでいく。
    就職しなくても、暮らしていけるんじゃないか。
    自分の好きなことをして、生きていきたい。
    モモコの暮らしは、経済的には豊かとは言えないかもしれないけど、理想のような気がする。

    ただ、会社で働くか、自分の店を持つか、あるいはモモコのように渡り歩いて暮らしていくか、は、やはり各々の性格に合う、合わないがある。
    理想はモモコの生き方だけれど、私は安定した暮らしをしていないと、不安でいっぱいになりそうだ。私に合った暮らしを極めるのが、一番幸せな生き方だと思う。

  • 就活に失敗してバイトもクビになってお先真っ暗のモモコは後先考えずに家出して、友達や兄弟などの家を転々としていく。懐のバッグにうさぎのぬいぐるみを抱えて…。

    さて彼女は「自分は要らない存在なのか!?」という疑問をその果てに解消できるのか…?という、ふわふわとした語り口で、やはりどこかふわふわした女の子が自分探しの妙な旅に出かけるお話です。

    といっても舞台は現代日本、彼女が出会う人たちは彼女よりもまじめにまともに生きていて社会に役に立っている。その姿を見るとモモコは焦る、自分はこんなでよいんだろうかと。そして縫いものをちくちくと進める。

    うさぎはそんな彼女をそっと見守り、読者も見守る…そう、彼女をどこか応援したくなる。彼女の不安、寄る辺ない気持ちは、どこかいつか通った、または今抱えている気持ちだから、その弱さにはシンパシーをどこか感じる。

    だから彼女がゆるゆるとしか進まなくても、不満を覚えず、ただ彼女のこれからをうさぎのような距離感で応援したいと思う。

    きっと少しはいいことあるよ、この世の中。だってそうじゃないとやりきれないでしょう。と、自分のいる世界とも重ねて彼女を応援する。

    そういう温かい気持ちを抱かせてくれる、やさしいお話でした。

  • ふわふわふらふら…

    この先どうするのかな。

  • 仕事って、働くって、生きていくって
    本当は自由なはず。
    信じたくなる。

  • 就活失敗ってことで始まるのだけど、この世界とのつきあい方自分の振り返り方親との関係等々どう向き合ったり折り合ったりのみ込んだりしていくのかということは、ちょっと止まったり回り道したりしながら模索するものなのかなぁ未知数なのかなぁという、ロードムービーのような出会いと別れのあたたかい一冊。

  • 就活に失敗し、バイトも首になってチクチク縫い物をするモモコ。ひょんな事から家出してあっちこっち友達のところや兄を頼りに行くが兄の職業の怪しさや本当の兄弟ではないことを知らされる。シビアな現状の中、人との繋がることで気づきモモコが好きなことを見つけ一歩前に進む事ができて良かったと思う。

全16件中 1 - 10件を表示

モモコとうさぎのその他の作品

大島真寿美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

モモコとうさぎはこんな本です

ツイートする