脳科学捜査官 真田夏希 (角川文庫)

著者 : 鳴神響一
  • KADOKAWA (2017年12月21日発売)
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041061671

作品紹介

神奈川県警初の心理職特別捜査官に選ばれた真田夏希は、知人に紹介された男性に会うため横浜駅付近のレストランに向かった。婚活に失敗続きの夏希は、織田信和と名乗る男性に、好印象を抱く。だが、そんな甘い雰囲気を激しい炸裂音が打ち消してしまう。みなとみらい地区で爆発事件が発生したのだ。翌日、捜査本部に招集され、爆発事件の捜査を命じられる夏希。初の事件で戸惑いを覚える夏希の前に現れたのは、意外な相棒だった。

脳科学捜査官 真田夏希 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 鳴神響一『脳科学捜査官 真田夏希』角川文庫。

    文庫書き下ろし。帯には神奈川県警初の女性心理職捜査官を主人公にした作品と紹介されていたので、もう少しハードな警察小説を期待したのたが、脈絡の無い専門知識と変な軽さと色恋とが同居する今一つまとまりの無い作品だった。

    神奈川県警初の心理職特別捜査官に選ばれた真田夏希は、みなとみらい地区で発生した爆発事件の捜査で初めての現場に立つ。

  • 著者初読み。
    あらすじが気になって、手に取った作品。
    神奈川県警で初めて採用された心理分析官を主人公にした話。
    婚活から始まる話は、よくあるパターンであり、ちょっと軽いノリにちょっとイライラ…デート中に連続爆弾事件の最初の爆発現場を目撃しても、全然危機感を感じない主人公にもイライラ…そして、初めて捜査本部に入ることになる夏希だが、「専門職採用枠がそんなに偉いのか?」って思うような言動にさらにイライラが募る。
    タイトルは「脳科学捜査官」とあるが、脳の分野に触れていたのは事件の核心に迫る前まで。話が進むと、ほとんど既存のプロファイリングと変わりはない。
    しかも、ネット用語を無理して使おうとして、話の内容が雑になってしまっているのも、すごく残念。
    ただ、夏希とコンビを組む、警察犬アリシアがとても良かったので、続編が出たら読んでしまいそう…夏希の成長も期待して。

  • もう一歩かな。色々な要素を詰め込んでるけど、もう一つ整理できてない。主人公は随所で脳科学の蘊蓄を語るけど、あまりストーリーには関係がない。その反面、犯人についてはほとんど語られてない。アリシアをもう少し掘り下げるか、犯人の視点でも導入したほうが小説としては盛り上がったんじゃないでしょうか。

全3件中 1 - 3件を表示

脳科学捜査官 真田夏希 (角川文庫)のその他の作品

鳴神響一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

脳科学捜査官 真田夏希 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする