西郷どん! 並製版 下

著者 : 林真理子
  • KADOKAWA (2017年11月1日発売)
4.29
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041061725

作品紹介

幕府側として蛤御門の戦いに勝利した吉之助は、生まれついての大将としての才覚を開花させた。長州征伐を企図し、勝海舟と面会した吉之助だったが、勝の提案は彼を変えようとしていた。五代友厚、坂本龍馬、高杉晋作、木戸孝允、岩倉具視。維新に名を残す男らと議論をかさねた吉之助は、無血開城を断行する。一方、盟友・大久保一蔵は、新しい国家の設計図を作りだしていた。幼い頃から常に共にいた吉之助と一蔵。二人に別の道を歩む時が訪れたのか――。新しき時代、維新編!

西郷どん! 並製版 下の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 薩長同盟から大政奉還、鳥羽伏見の戦い、西南の役と戦い続けた西郷隆盛の終盤。
    新しい時代に貢献したにも拘らず、その新しい時代の新しい政府に追い込まれていく。大将として慕われて愛された西郷隆盛の、隆盛らしい最期。

  • 大河ドラマの予習が終了。

  • <内容紹介より>
    幕府側として蛤御門の戦いに勝利した吉之助は、生まれついての大将としての才能を開花させた。長州征伐を企図し勝海舟と面会した吉之助だったが、勝の提案が彼を変えようとしていた。五代友厚、坂本龍馬、高杉晋作、木戸孝允、岩倉具視。維新に名を残す男らと議論をかさねた吉之助は、無血開城を断行する。一方、盟友·大久保一蔵は、新しい国家の設計図を作りだしていた。幼い頃から常に共にいた吉之助と一蔵。二人に別の道を歩む時が訪れたのかーー。
    新しき時代、維新編!

    ーーーー
    最終巻。
    これまでは小説のように綴られて来る場面が多いのですが、最後の章は語り手の菊次郎(遠島の時に生まれた、島の女の産んだ長男)が「語っている」という形で進みます。
    西郷が何を求めて戦い、そして下野した後に西南戦争を起こしたのか。
    一人の人間として、非常に尊敬できる人物だと感じることができました(史実にどこまで忠実か=創作はどの程度か、という検証はしていないのですが)。

    物語として楽しく読むことができました。
    大河ドラマも楽しみにできそうです。

全3件中 1 - 3件を表示

林真理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
又吉 直樹
三浦 しをん
恩田 陸
東野 圭吾
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

西郷どん! 並製版 下はこんな本です

ツイートする