杜子春 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.07
  • (11)
  • (23)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 260
感想 : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041061763

作品紹介・あらすじ

人間らしさを問う「杜子春」、梅毒に冒された15歳の南京の娼婦を描く「南京の基督」他、姉妹と従兄の三角関係を叙情とともに描く「秋」など、大正9年の作品計17編を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 全体を通して見てみると、最初にお金持ちになって落ちぶれたのも、二度目の凋落も、地獄でのいたぶられにしても彼の体験した全てがマヤカシで全部あの仙人様の手の上で起こっている事のように思えて来ますね。人としての本当の幸せとか、人生における生きる目的ってことを教えようとしているのかな…面白かったけど、やたら金銭を与える仙人の目的って何?人を誑かして何やってんだいって笑笑

  • お母さん大事。

  • 収録作品は、『秋』『黒衣聖母』『或敵討の話』『女』『素戔嗚命』『老いたる素戔嗚命』『南京の基督』『杜子春』『捨児』『影』『お律と子等と』『沼』『寒山拾得』『東洋の秋』『一つの作が出来上るまで』『文章と言葉と』『漢文漢詩の面白味』
    また最後には同時代人の批評も載っている。

    『素戔嗚命』は長いせいか、よく覚えている。正直、素戔嗚命に感情移入はできなかった。というか性格が悪いと思った。特に娘と娘の彼氏に対して。

    『南京の基督』では、名状しがたい気持ち悪さを感じた。良さが分からなかった。

    『杜子春』はある程度話は知っていたが、読んでみても面白かった。人間の真理をついているように感じた。

  • 教科書以外で初めて芥川を読んだ。なんとなくとっつきづらい印象があったのだけど、案外面白い。

  • 表題作「杜子春」は幼い頃に読んだ記憶はありますが、今読むとより胸にくるものがありました。子供のころより、両親の死を近く感じるからかもしれません。

    他の話で印象的だったのは「南京の基督」と「影」。あとは随筆も楽しく読みました。

    「南京の基督」は娼婦、娼館が題材なわりにさすが芥川!と言わざるを得ない美しい文章で感嘆しました。夢物語のようで背景には暗澹たる現実が広がっている、でもそれに娼婦は気づくことなく朗らかに笑っているその対比がよかったです。

    「影」が印象に残ったのは、私自身が乱歩が好きで、ミステリ小説に惹かれたからです。
    ミステリとしては、あまり出来がいいとは言えないかもしれませんが…芥川が書くミステリという新鮮さがよかったです。

  • 南京の基督
    幸せとはなんなのか
    杜子春
    流石としか言いようがない

  • お金や地位に関係なく愛してくれる人の存在が大切ですね。
    人生に求めることは何か考えさせられる。

  • なぜ、仙人は杜子春を選んだのか。
    二三度の失敗を許すのは優しすぎると思った。それともそれほどに失敗しなければ人間とは悟れないものであることを、仙人が知っているからこそなのだろうか。
    母に対して情を見せたことを評価するのはいかにも儒教らしい。
    それとも、仙人になるかという利己と母を気遣うことを天秤にしたのか。
    あまり感情移入はできなかった。仙人にも、杜子春にも。

  • 人間にほとほと嫌気のさした杜子春が最終的に行き着く先がおもしろかった。軽い読み物でしたが、先を考えながら読める楽しみもあった。

  • 小学生の時に、学芸会の劇でやったなと思い出す。
    主人公にアンバランスな魅力がある。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1892 - 1927。日本を代表する小説家の一人。澄江堂主人を号し、理知的だが簡潔平明な作風で、古典の説話文学を題材とする作品なども多い。『鼻』『羅生門』『地獄変』『歯車』『杜子春』など、誰もが知る名作を残す。

「2023年 『不思議の国の猫たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芥川龍之介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島由紀夫
恩田 陸
遠藤 周作
梶井基次郎
米澤 穂信
サン=テグジュペ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×