ファイブスター物語 14 (ニュータイプ100%コミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
4.42
  • (27)
  • (17)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 191
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041062074

作品紹介・あらすじ

枢軸軍の侵攻を阻止すべく、ベラ国国境付近に展開するツラック隊。そこに合流するソープ、ラキシス、ツバンツヒ……。やがて、GTM(ゴティックメード)同士による大規模戦闘の火ぶたが切られる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ツラック隊、ソープ(とその妻)の出現で快勝!ついでに神に恋してしまったおなごツバンツヒ、ミラージュに入隊。そして女子高生になる。GTMもかっこよし。「LITTER PICT」とあわせて読むと面白さ倍増。FSSって本編の設定資料集があるから助かるね!さすが永野護皇帝!

  • 今巻はいつも以上に面白かった,実に良かった.既に三度目の再読中なのだわ.本格的なファティマとMH戦,とくに情報戦の凄さ.敵味方に分かれててもヤッパリ「バランシェファティマ」.「お姉さん,使うだけ使ってばっくれるって手もありマスですヨ! ほら戦死しちゃうかもしれないしーさせちゃってもいいワケだしー」ラキシス怖い.なんというか,デコースのこの辺がカッコいいんだよね.「大丈夫ですヨ予定通り進行してますからね」進行てw 「うおおっ!!バランシェ博士もツラック隊に!! これでいくらでも死ねるっ!!」 あかんてw 「わたし一生こんなコトしてる気がする」その通りやでアウクソー.え? ハレー,あんな汚らしいおっさんに変わり果ててたのに,こんなスッキリキリッとなるんや.シクローンは面白いわぁ,アレクトー並みに言いたいやりたい放題だわ.そして京怖い,令令謝のあの怖がり様(まぁ怖いのはヒュートランなんだけど).そしてやはり最も怖いのはアマテラスだよな.ツバンツヒのこのババくささときたら.アマテラスのこのGTMオタクときたら,落っこちてくるマーク2に見惚れて動かないし.完全にツバンツヒがバカになっちゃってる.

  • 久々の新刊でとても嬉しいです。すごく面白いけど、いつも前回から間が開きすぎるのが難点。でも、待たされていた甲斐がありました。
    今回はベラ王国編。人々が変わっていく様がとても面白かったです。

  • 2年とちょっとで新刊読めて、しかもちゃんと賞が終わった感じで、あらーー。

    ゴリゴリなGTM戦、とかではなかったけど主役の一つのファティマ戦で、大規模戦で、満足度は高かった、です。にわかなので。
    なんだかすごく「良い話」だったなぁ。挿話も含めて。
    旧LEDミラージュなインフェルノナパーム姿のツァラトゥストラアプターブリンガーさんがちょっとカッコ良すぎて痺れるました。はい。はい。はひぃ。

  • ファンにとっては
    大盤振る舞いじゃないでしょうか
    読者を意識した サービスシーン満載
    13巻で 驚きの設定変更をしてしまったことで
    これだけ サービスしてくれたのなら
    13巻から たった3年ばかりで
    14巻が出てくれた 
    作者のやる気が出てくれたのであれば
    どんな変更だって怖くない
    完結までついていかせてください

  • 所々にカラー印刷ページが。ソープさんとラキシスさんのお忍びバカンス編。

  •  相変わらず作者が楽しそうに書いていてそれが楽しい。悪ノリも吹き出し外のごちゃごちゃも愛おしい。

     しかし、本巻でAFを信用できぬという人の気持ちもちょっとわかる!こいつら!(笑)

  • FSS14。固有名詞が変わったところが、まだまだ慣れないけど、カイエンとか出てくると上がっちゃうよね。豪華メンバーバシバシ投入して派手に展開してたけど、戦闘そのものは物足りない感じ。チートが集まりすぎて、一騎打ちってならなかったからなぁ。

  • まさかこんなに早く続きを読むことができるとは。ツラック隊の活躍たるや、というか見せ場がそこら中にある1冊。涙腺の緩いオジサンはちょいちょい涙しましたよ。ナルミ姉さんにツバンツヒ、デコース、ハレーさんに若かりしカイエン、コーラスもアイシャも。ラキシスだって!ロッゾ,ウモス側も渋い。
    GTM戦も情報戦というか技術の粋というか持てる力を最大限引き出して、精一杯、互いの正義を大義を見せてくる。読み応え満点でした。
    GTMもなんだかんだで抵抗なく見てるし。マーク2も最高よね。
    シリアスとギャグが散りばめられた楽しい1冊でした。伏線回収とかもいろいろあったので、1巻から再度読み直したくなった。次はいつ出てくるのか???

  • この物語は、自分が死ぬまでに完結するのだろうか? ハッキリ言って、「惰性」で読んでいる。
    ところで、映画「ゴティックメード」でL.D.I.21の声をあてたのは三石琴乃さんでしたね。

全19件中 1 - 10件を表示

永野護の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ファイブスター物語 14 (ニュータイプ100%コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする