丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.67
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041062333

作品紹介・あらすじ

就活中の大学生、澪は、財閥系不動産会社の最終面接で「落ちた」と確信。しかし部長の長崎から声をかけられ、「特殊部署」の適性審査を受けることに。入社した澪は、幽霊がらみの物件調査を任されて……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018#34

  • 竹内優希

  • 初読み作家さんです。
    最近、あやかしや幽霊系の小説が多いのでそれほど期待はしていなかったのですが、素直に面白かったです。是非続編を出して欲しいです❗

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

山口県出身。東京都在住。小説投稿サイトから人気に火が付き、2011年「シミ。~純愛、浮気、未練、傷跡~」(宝島社)でデビュー。作品に『リキッド。』(講談社)、「神戸栄町アンティーク堂の修理屋さん」シリーズ、『神様のいる診療所』(双葉文庫)などがある。

「2018年 『丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。 (角川文庫)のその他の作品

竹村優希の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする