ダークゾーン 上 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
2.62
  • (0)
  • (0)
  • (9)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 49
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041062470

作品紹介・あらすじ

何だこれは!? プロ棋士の卵・塚田が目覚めたのは闇の中。しかも赤い異形となって。そして始まる青い軍団との戦い。軍艦島で繰り広げられる壮絶バトルの行方と真相は!? 最強ゲームエンタテインメント!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公がシミュレーションゲームの世界に
    飛ばされ、恋人、友人を巻き込み戦うお話。
    心理戦やゲームルールなどゲーム好きには引き込まれる
    内容ではあるが、一般的に受ける内容では
    ないかも。
    話のオチも世にも奇妙な物語的でスケールは小さい。
    まぁ、面白かったけどね。

  • この作者、やっぱり面白くない。発想が貧弱でストーリーもつまらない❗上巻の前半で読むの止めた。

  • 201712/上下まとめて。将棋ベースのバトルもの、というのかな。結末が気になるので一気読みだったけど、戦術・戦闘シーンとかも楽しめなかったし、登場人物達も物語の駒(まさに…)過ぎて好みではなかった。貴志さん作品好きなんだけど、大抵こっち系のジャンルと私の相性が悪い気がする。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1959年大阪生まれ。京都大学経済学部卒。96年『十三番目の人格-ISORA-』でデビュー。翌年『黒い家』で日本ホラー小説大賞を受賞、ベストセラーとなる。05年『硝子のハンマー』で日本推理作家協会賞、08年『新世界より』で日本SF大賞、10年『悪の教典』で山田風太郎賞を受賞。

「2017年 『ダークゾーン 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダークゾーン 上 (角川文庫)のその他の作品

貴志祐介の作品

ツイートする