木島日記 乞丐相 (角川文庫)

著者 : 大塚英志
  • KADOKAWA (2017年9月23日発売)
3.83
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 20人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041062692

作品紹介

仮面の男、木島平八郎。古書店「八坂堂」の店主にして、「この世にあってはならぬもの」の仕分屋。だがその素性は未だ知れない。
一方、木島につきまとわれる学者・折口信夫。女嫌いのはずが、霊的能力をもつ少女・美蘭を側に置く羽目に。彼らが行く先々、常に事件が待ち受ける。
『八つ墓村』のモデルとなった津山三十人殺し事件、心中ブーム、人間避雷針……。
正史と偽史の狭間に葬られし闇の物語を暴く、怪奇ミステリ事件簿・第二弾!
〈自著解題〉の書き下ろしを新たに付し、改訂新装版で復活。

【目次】
第一話 砂けぶり
第二話 翁の発生
第三話 乞丐相
〈自著解題〉民俗学者の家族小説

木島日記 乞丐相 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 登場人物に慣れてきたのか前作よりも落ち着いて読めました。相変わらず変な人だらけですけれど…。
    津山三十人殺しや優生思想と言った当時の事件や風潮も絡めて戦争に向かうきな臭さも滲み、物語なのに事実のような不可思議な世界が繰り広げられていました。

  • 新装版。
    前作の内容はすっかり失念していたが、今作は割と覚えていた。
    これで新刊の予習(?)も完了。完結編をゆっくり待とう。

全2件中 1 - 2件を表示

木島日記 乞丐相 (角川文庫)のその他の作品

大塚英志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

木島日記 乞丐相 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする