極道さんは愛されるパパで愛妻家 (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 桜城 やや 
  • KADOKAWA
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041062777

作品紹介・あらすじ

賢吾の母・京香の出産を間近に控えつつ、穏やかな日々を過ごしていた佐知達だったが、シチリアンマフィアの襲撃を突如受ける。現れたビスコンティ組のボス・ジーノは、亡くなった史の母親・アリアの兄だと名乗り、史を連れ去ろうとする。立ちはだかる賢吾だが、実父ではないのに何故邪魔をするのか、と訝しがるジーノによって史に賢吾が本当の父親ではないことがバレてしまう。ショックを受ける史に思い悩む賢吾。そんな中、一度は引いたジーノが再び史と佐知を攫いにきて!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ4作目です!
    BLを読んでいるというよりも、家族愛をテーマにした小説を読んでいるようで、
    佐知は佐知の知識という武器で家族を守ろうとし、
    小さな身体で恐怖をこらえて必死に自分の大切なものを守ろうと
    小さな身体で立ち向かう史の健気さに涙しながら読みました。
    賢吾と佐知の間は揺るぎない信頼関係が出来上がっているので
    少しの波風でじたばたしそうにないふたりに
    安心して読む事ができるのもよかったです。
    続きがまた出るなら、是非お願いしたいです。

  • ★3.8

  • シリーズ4作目ですね。まさかこんなに続くとは思ってなかったんですが、結構好きです。
    今回は史の伯父さん登場なんですが、まさかのマフィア。佐知はかっこ良かったです。

全3件中 1 - 3件を表示

極道さんは愛されるパパで愛妻家 (角川ルビー文庫)のその他の作品

佐倉温の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

極道さんは愛されるパパで愛妻家 (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする