江戸の御庭番 (角川文庫)

著者 : 藤井邦夫
  • KADOKAWA (2017年12月21日発売)
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041063583

作品紹介・あらすじ

江戸御用を専らとする特殊な御庭番(隠密)、倉沢家の婿養子となった喬四郎。八代将軍吉宗から直々に極悪盗賊の始末を命じられ、探ると背後に潜む者の影が……。忍びの技で悪を成敗! 痛快活劇!

江戸の御庭番 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 藤井邦夫さんの新シリーズが始まりました。「江戸の御庭番」、2017.12発行です。倉沢喬四郎、倉沢左内家に婿養子に入った御庭番(公儀隠密)、佐奈20歳との仮祝言はしたものの、8代将軍吉宗の命を受け、八面六臂の動きを。たまに家に帰り、妻を驚かそうと後ろから優しく抱きしめると、佐奈は肘鉄を(^-^) 舅の左内の隠居ぶり、姑の静乃の生真面目さ、物語に心地よいアクセントを与えています。楽しみなシリーズです。

  • 同じ作家の作品をずっと読んでいるが、少し筆遣いが違っているように感じる。
    私には今までの作品よりずっと読みやすい。
    そして、事件解決のテンポもいいが、義父とのやり取りのセリフがほほえましい。
    また、主人公のお庭番としての力量も申し分ない。

全2件中 1 - 2件を表示

江戸の御庭番 (角川文庫)のその他の作品

江戸の御庭番 (角川文庫) Kindle版 江戸の御庭番 (角川文庫) 藤井邦夫

藤井邦夫の作品

江戸の御庭番 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする