金獅子陛下は後宮で子育て中 (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 北沢 きょう 
  • KADOKAWA
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041063750

作品紹介・あらすじ

潰れかけの剣の道場を継いだ花エイは、兄弟子銖王に子守を頼まれる。引き受けた花エイだったが、子供目当てに道場を襲撃されてしまう。ここでは危ないという銖王に連れて行かれた先は、煌びやかな後宮で……!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 同じ後宮モノなので、どうしても前回、読了したばかりの「紅霞後宮物語」と比較してしまう。
    ホンネを言えば、私はコチラの作品の方が好きです。
    レビューにも書いたように、「紅霞」は異色の後宮モノとしては素晴らしい。
    ただ、私的にいえば、あくまでも「異色」がつきます。とはいえ、ロマンスを求めるかどうかは完全に読み手の好みによって分かれるので、いちがいにはいえないとは思います。

    この作品はアマゾンの書店を浮遊していた時、たまたま見つけました。11月初旬に発売なのに、上旬に見つけたその時、既に在庫切れ状態でした。
    秋山先生は人気あるのよねーと、改めて思いました。
    確かに、この先生の作品はハズレが殆どない。
    他の作家さんの作品は、これが滅茶苦茶面白かったと思って、次に作家買いしても外してしまうことがありますが、この方は大なり小なりの面白さの差違はあれども、はずしたなーとがっかりすることはないです。
    だから、安心して読めます。

    ストーリーとしては、美少女とも見まごう美少年が皇帝に見初められ、後宮に迎えられるという王道。
    しかも、可愛い子供つき―笑
    私、モフモフ系―つまり神獣とか、そういうのが出てくるのは大の苦手なんですが、何と、これはまったく抵抗なく読めました。
    「紅霞」が興味深かったけど、何か物足りない気がしたので、こちらは一挙に読んでしまいました。
    どうも、私の体質には、トキメキとロマンスがある後宮小説の方が向いているようです。

  • もふもふ、チミっ子可愛い。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

(あきやまみちか)・作家・心交社、笠倉出版社、アスキーMW等複数社にて活躍。

「2018年 『金獅子陛下は子連れで旅行中』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金獅子陛下は後宮で子育て中 (角川ルビー文庫)のその他の作品

秋山みち花の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする