維新の肖像 (角川文庫)

著者 : 安部龍太郎
  • KADOKAWA (2017年12月21日発売)
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041064566

作品紹介

1932年米国--朝河貫一(イェール大学、歴史学者)は、上海事変、満州事変と中国への侵略を進める日本の軍国主義を憂えていた。かつて、日露戦争後の日本の動向に危惧を抱き、『日本の禍機』を上梓して、「このままではやがて米国と戦争になる」と警告したが、その思いは届いていなかった。
自らの無力に苛まれる日々を過ごしていたある日、父・朝河正澄から託された柳行李を見つける。そこには、正澄が二本松藩士として戊辰戦争を戦った記録が残されていた。貫一は、父を主人公にした小説を書き、その体験の意味を問い直すことで、破滅への道を転げ落ちていく日本の病根を見出そうとする。直木賞作家が、明治維新の闇に迫る!!

維新の肖像 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2018/01/02読了

全2件中 1 - 2件を表示

維新の肖像 (角川文庫)のその他の作品

維新の肖像 (角川文庫) Kindle版 維新の肖像 (角川文庫) 安部龍太郎

安部龍太郎の作品

維新の肖像 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする