維新の肖像 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041064566

作品紹介・あらすじ

1932年米国--朝河貫一(イェール大学、歴史学者)は、上海事変、満州事変と中国への侵略を進める日本の軍国主義を憂えていた。かつて、日露戦争後の日本の動向に危惧を抱き、『日本の禍機』を上梓して、「このままではやがて米国と戦争になる」と警告したが、その思いは届いていなかった。
自らの無力に苛まれる日々を過ごしていたある日、父・朝河正澄から託された柳行李を見つける。そこには、正澄が二本松藩士として戊辰戦争を戦った記録が残されていた。貫一は、父を主人公にした小説を書き、その体験の意味を問い直すことで、破滅への道を転げ落ちていく日本の病根を見出そうとする。直木賞作家が、明治維新の闇に迫る!!

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 太平洋戦争前夜のアメリカ・イエール大学で教鞭をとる朝河貫一が、戊辰戦争を戦った二本松藩藩士の父の書き残した手記をもとに、明治維新の意味を問い直すため「維新の肖像」という小説を書くという二重構造となっている。
    アメリカで反日の人々から迫害を受けながら、貫一は軍国主義に傾倒する日本を憂える。そして父の手記から、破滅への道へと邁進する日本の病根は明治維新にあると考えるに至る。
    明治維新を否定的にとらえ、戊辰戦争で行った薩長の卑怯なやり方が関東軍で踏襲され、満州事変を起こしたと、貫一は考える。
    書中の登場人物に、孝明天皇の崩御は長州による毒殺だとも、語らせる。
    さらに、薩長同盟の立役者は坂本龍馬との説が一般的だが、これも龍馬がグラバー商会に頼まれ、イギリスの指示を伝えただけだとか。
    日本が明治維新で失ったものは、と問われた書中の人物は「やさしさ、人を思いやるやさしさではないでしょうか」と、答える。
    戊辰戦争は、日本の古き良き伝統と精神を守ろうとした戦いでもあったのだろうか。
    「歴史の地下には、これまで生きてきた人々の声なき声が埋まっている。それを汲みあげることこそ、歴史を語るということなのだ」。
    この小説を著す著者の意図でもあるだろう。

  • 今年2018年は明治維新150年。このため全国で様々なイベントが行われたりしているが、政府も「明治150年」関連施設推進室を設置して「明治の精神に学び、日本の強みを再認識」すべきと提言しているようである。しかしこの作品は実在した歴史学者「朝河貫一」の人生を通じて明治維新そのものが持つ思想と制度の欠陥を指摘する。

  • 2018/01/02読了

全4件中 1 - 4件を表示

維新の肖像 (角川文庫)のその他の作品

維新の肖像 (角川文庫) Kindle版 維新の肖像 (角川文庫) 安部龍太郎

安部龍太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 龍太郎
ピエール ルメー...
池井戸 潤
安部 龍太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

維新の肖像 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする