異世界法廷 ~反駁の異法弁護士~ (3) (角川コミックス・エース)

著者 :
制作 : 河本 ほむら 
  • KADOKAWA
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041064962

作品紹介・あらすじ

王家の晩餐会に招待された椎葉は、王城で飲み潰れてしまう。翌日、椎葉の隣に女性の死体があり殺人の容疑者として捕まってしまう。自身の容疑を晴らすため法廷に立つ椎葉だったがそれは強大な陰謀の幕開けだった!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1~3巻まで一気読み。
    身分制度のある異世界に、日本の法律は適用できないだろう、根本の考え方が違いすぎる……というのはありつつも、そうなると異世界の法制の解説から何から説明が長々と必要になるので、日本の読者の理解が早いという意味で、その前提のツッコミを無視すれば、気軽な楽しい読み物。
    異世界の文化や種族の設定と、日本の価値観との乖離に悩まされる主人公の姿には、素直に応援したい気持ちになった。
    もっと色々な裁判を観たかったが、これで終わりのようで残念。

  • まあまあ、面白かった。

全2件中 1 - 2件を表示

異世界法廷 ~反駁の異法弁護士~ (3) (角川コミックス・エース)のその他の作品

大庭下門の作品

ツイートする