ヒトラーの試写室 (角川文庫)

著者 : 松岡圭祐
  • KADOKAWA (2017年12月21日発売)
3.91
  • (5)
  • (11)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 100人登録
  • 10レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041066850

作品紹介

1935年、20歳の柴田彰は活動写真の俳優を夢見るが、大工の父親は猛反対し勘当されてしまった。家を飛び出しオーディションを受けるが箸にも棒にもかからずあえなく挫折。だが、人手不足だった日独合作映画「新しき土」の特殊撮影助手の仕事にありつく。主任の円谷英二の情熱に触れるうち彰も仕事にのめり込み映画は見事に完成。ベルリンにも運ばれ、映画で人心の掌握と扇動を狙っていたナチス宣伝大臣ゲッベルスの心に刻み込まれる。日本は41年、ついに太平洋戦争に突入。軍部の要請から戦意高揚をねらった映画「ハワイ・マレー海戦」が製作されることになり彰も特殊撮影で参加。この作品もベルリンに運ばれ、丁度イギリスの権威を失墜させる為に映画「タイタニック」を製作したが、どうしてもクライマックスの沈没シーンが上手く撮影できないことを悩んでいたゲッベルスが目をつけ、彰がドイツに招聘されることになる。環境の違いから撮影は苦戦。日本に残した妻子を想う柴田だったが、ベルリンは戦火に……。意外すぎる歴史秘話に基づく、一気読みと感動必至の傑作エンタメ小説。

書評家から熱い賛辞が続々!

「すでに八〇年近く昔の話とはいえ、ネット上に巧妙につくられたフェイクニュースが流布している現在、映像によるプロパガンダは古くて新しい問題だと言える。この物語が単なる歴史を題材にした小説に終わっていないのは、このテーマに今日性があるからだ。」
タカザワケンジ(書評家) (解説より)

「特撮の舞台裏を描くことで戦争の舞台裏を描く、その試みには明らかに「ポスト・トゥルース」に象徴される現代社会の潮流――信じたいものを信じるために、事実に目をつぶる――が反映されている。あるいは、先の大戦を語ることへの過剰な情熱、過剰なフォビア(恐怖症)が渦巻く日本の空気が、ありありと。この小説が二〇一七年の今書かれたことには、意味がある。」
吉田大助(ライター)(「本の旅人」2018年1月号より)  

ヒトラーの試写室 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どこからが史実でどこまでがフィクションなのか不明だけど、細かな作業を得意とする日本人は特撮技術に優れてるんだろうな。海外にも認められて素直にうれしく思う。誇りに思う。
    寒天とか鰹節とか面白い。そんな技術で作られた映画、観たかったなー。

  • 題名のヒトラーはもちろん、彼の取り巻き、それに特撮の神様円谷英二、さらに原節子も登場。
    史実をもとにしたフィクションというが、どこまでが史実でどこからがフィクションだろうか。
    日本で特撮に携わった技術者の青年が、戦時下のドイツに渡り、ナチスの映画つくりを手伝うという数奇な運命をたどる。青年の特撮技術による映画には、ナチスの悪辣な陰謀が隠されていた。
    その陰謀を知ったドイツの映画人たちと青年の、ナチスに対する抵抗と戦い、そして彼らの家族に対する愛情の物語は、熱い感動とともに一気読みをさせる。

  • またもや松岡圭祐の近現代ものの傑作。全く知らなかった史実にかなり興奮した。

  • 1935年、20歳の柴田彰は活動写真の俳優を夢見るが、大工の父親は猛反対し勘当されてしまった。家を飛び出しオーディションを受けるが箸にも棒にもかからずあえなく挫折。だが、人手不足だった日独合作映画「新しき土」の特殊撮影助手の仕事にありつく。主任の円谷英二の情熱に触れるうち彰も仕事にのめり込み映画は見事に完成。ベルリンにも運ばれ、映画で人心の掌握と扇動を狙っていたナチス宣伝大臣ゲッベルスの心に刻み込まれる。日本は41年、ついに太平洋戦争に突入。軍部の要請から戦意高揚をねらった映画「ハワイ・マレー海戦」が製作されることになり彰も特殊撮影で参加。この作品もベルリンに運ばれ、丁度イギリスの権威を失墜させる為に映画「タイタニック」を製作したが、どうしてもクライマックスの沈没シーンが上手く撮影できないことを悩んでいたゲッベルスが目をつけ、彰がドイツに招聘されることになる。環境の違いから撮影は苦戦。日本に残した妻子を想う柴田だったが、ベルリンは戦火に……。意外すぎる歴史秘話に基づく、一気読みと感動必至の傑作エンタメ小説。

    そもそもナチス・ドイツの時代にタイタニックの映画化がされていたことすら知りませんでした。主人公のモデルとなった人物(実在するのであれば)と、参考文献を知りたいと強く思います。

  • 戦争中に映画などの映像が効果的に使われてたってことが題材にされてるのがすごく良かった!
    お話としては単調というか、自分的に面白味に欠けるというか、特に前半は冗長に感じてしまった。まあどこまでが事実かはわからなくてこれが全部事実ならすごいことだけど。

  • 円谷英二の元で特殊撮影技術を学びナチスドイツから招かれて映画を撮る…こんな人が実際にいたなんて知らなかった。波乱万丈と一言では言い表せない。
    特殊技術スタッフの情熱も熱いのと同時に、映画製作を命じる宣伝大臣ゲッベルスも主役級に描かれていて人間味溢れる描写が面白い。魅力的な登場人物達だと感じる。
    テンポもよく続きが気になっていっきに読み終えた。
    家族が長崎に移住したという件では先を知る者として不安がよぎったのだが、悲しい結末ではなくて読後感も良い。ほっとした。

  • これは期待を良い意味で裏切られた。
    「この小説は史実から発想された」から始まる作品は所々に知っている第二次世界大戦や昭和の事柄が織り込まれている。そこはとても興味がわく所ではあるが、話の展開がより面白さを深めている。主人公がドイツへ渡りドイツ人スタッフと反目や苦労を乗り越えて、作品を作る話が延々と続くのかと思っていたがそんな単純なものではなかった。
    ハッピーエンドとはなるがそこに至るまでに色々な犠牲がある。ずっしりと重たい感じが残る。

  • 松岡圭祐が描く知られざる近代史

    主人公の柴田彰は俳優を志すものの、才覚と努力の無さに痛感する。
    縁あって円谷英二の下で特撮技術を学び家業で身に付いた技術と器用さで頭角を表すようになる。
    一方、ナチスの宣伝大臣ゲッペルスは戦争の早期の段階で映画による大衆の心理誘導に着目する。

    ドイツと日本の映画の舞台裏を舞台に物語は進んでいく・・・


    武力以外の力で世界に挑むゲッペルス!
    柴田彰の最期の言葉を是非とも多くの人に知って欲しいと思った。

    因みにどの辺が史実でどの辺がフィクションか解説してくれる人がいればいいのにと思う。

全10件中 1 - 10件を表示

ヒトラーの試写室 (角川文庫)のその他の作品

松岡圭祐の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
池井戸 潤
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ヒトラーの試写室 (角川文庫)はこんな本です

ヒトラーの試写室 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする