ディズニー映画に学ぶ 子どもを輝かせる感性の磨き方

著者 :
  • KADOKAWA
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041066935

作品紹介・あらすじ

グローバル企業のエリートたちは新しい価値を創造するために「感性」を磨いているという。子どもたちがこれからの時代に備えるべき感性の本質と重要性を、ディズニー映画を題材に、感性学者がやさしく説く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 岐阜聖徳学園大学図書館OPACへ→
    http://carin.shotoku.ac.jp/scripts/mgwms32.dll?MGWLPN=CARIN&wlapp=CARIN&WEBOPAC=LINK&ID=BB00609171

    感性学者が説く、新時代に備えるための子どもの感性の磨き方と重要性
    磨かれた感性が、子どもの能力を最大限に引き出す!
    感性学者が説く、新時代に備えるための、子どもの感性の磨き方と重要性


    グローバル企業のエリートたちは、昨今新しい価値を創造するために「感性」を磨いているといいます。
    「感性」とは<大切なもの>として幅広く認知されていますが、そもそもそれはどんなものなのか、個人や社会活動にどのように作用し、どんな力をもたらすのか、
    「磨く」といっても何をすればいいのか、これらをきちんと理解して説明できる方はそう多くないはずです。

    「ラプンツェルが活かした感受性」「シンデレラが働かせた想像力」「エルサが発揮した創造性」など、
    本書ではディズニー映画を題材に、子どもたちがこれからの時代に備えるべき感性の本質と重要性を、
    感性学者である著者が基本からやさしく説明します。

    子どもたちの幸せな将来を考えてあげるための第一歩として、
    まずは親である皆さんに、「感性」について理解を深めていただくことが、本書の目的です。(出版社HPより)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

感性学者。博士(人間科学)。関西大学人間健康学部・同大学院人間健康研究科教授。早稲田大学感性領域総合研究所招聘研究員・TVキャスター等を経て現職。第5回日本感性工学会にて「感性理論」を発表し優秀発表賞受賞。18年スタンフォード大学医学部Health and Human Performance Programにて感性教育プログラムの研究に従事。著書に『岡田武史監督と考えた「スポーツと感性」』(日本経済新聞出版社)、『一流人の感性が教えてくれた「ゾーン」の法則―至福の時を手に入れる14ヵ条―』(祥伝社)など。

「2020年 『ディズニー映画に学ぶ 子どもを輝かせる感性の磨き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

志岐幸子の作品

ディズニー映画に学ぶ 子どもを輝かせる感性の磨き方を本棚に登録しているひと

ツイートする
×