弁当屋さんのおもてなし ほっこり肉じゃがと母の味 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.67
  • (12)
  • (38)
  • (33)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 323
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041068854

作品紹介・あらすじ

北海道・札幌市の路地裏に佇む『くま弁』。願いを叶える魔法のお弁当の作り手・ユウと念願の恋人同士になった千春だが、お互い仕事が忙しく、すれ違いの毎日。久々に帰省した黒川の娘・茜からも「本当に付き合ってるの?」と突っ込まれて、千春は自信をなくしてしまう。しかも、ユウのことを気に入っている茜は『恋人に作るみたいなお弁当』をリクエストしてきて……? おいしいご飯は心を癒やす。北のお弁当ものがたり第3弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いい話が多かったけど、金曜日の人の話が一番好きです。歳をとっても思い出せる二人だけの思い出っていいし、二人であんなことができたら楽しそう。

  • こういうお店が近くにあったらなぁって毎回思う。
    お弁当苦手だけどくま弁のは食べてみたい。

    千春とユウさんも進展してこれからどうなるのか楽しみ

  • なかなか、1からの手作りお弁当屋さんてないよねぇ。
    そんなお店が近くにあるなんて羨ましい限り!
    あと、なかなか進展しない2人の関係‥ザ・純愛!って感じ(笑)
    最終章でとうとう2人の距離が縮んできた⁈
    次回、楽しみ〜♪

  • 肉じゃがとラブラブ

  • 今回も面白かった。

  • 最後のお話が良かった。素敵な親子で憧れます。そして、肉じゃがが食べたくなった。ご飯の食べ比べも興味湧きますね。あんなお弁当があったら買っちゃいます。

  • とっても微笑ましいお話ばかりでした‼︎
    本当に心が落ち着く感じがして
    素敵なお話でした❤️

  • ほんわかカップルですねぇ。

    今回も美味しそう。肉じゃがいいですねぇ。
    あと、このシリーズは揚げ物食べたくなります。

    しかも揚げたて。

  • 2020年2月読了。
    ユウさんと千春の関係はこの先も順調のようなので、印象に残ったお弁当のことを。
    冷製コーンスープが美味しそう。北海道のとうもろこしの甘さ・・・想像するだけでお腹が空きます。
    新米の食べ比べも贅沢でいいなあ。きらら397は実家でたまに食べてました。今はななつぼしとかゆめぴりかとか有名ですよね。

  • どんどん丸みを帯びていく。
    甘いから丸いに。
    こんなに素直に受け取れる幸福はなかなか無いと思う。

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

北海道出身。第1回角川ビーンズ小説大賞にてデビュー。代表作に「光炎のウィザード」シリーズ、「デ・コスタ家の優雅な獣」シリーズなど多数。

「2020年 『弁当屋さんのおもてなし しあわせ宅配篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

喜多みどりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

弁当屋さんのおもてなし ほっこり肉じゃがと母の味 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×