水曜日の手紙

著者 :
  • KADOKAWA
3.61
  • (24)
  • (52)
  • (60)
  • (11)
  • (0)
本棚登録 : 594
レビュー : 62
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041073162

作品紹介・あらすじ

家族が寝静まった夜更け、日課として心の毒をこっそり手帳に吐き出していた井村直美は、そんな自分を変えたいと夢を叶えた理想の自分になりかわって空想の水曜日をしたため、「水曜日郵便局」に手紙を出す。一方、絵本作家になる夢を諦めた今井洋輝も婚約者のすすめで水曜日の手紙を書いていた。会うことのない2人の手紙は、やがてそれぞれの運命を変えていき――。『夏美のホタル』『虹の岬の喫茶店』の著者が贈る、ほっこり泣ける癒やし系小説!

水曜日郵便局とは……
水曜日の出来事を記した手紙を送ると、かわりに知らない誰かの日常が綴られた手紙が届くという、一週間に一度・水曜日だけ開くちょっと不思議なプロジェクト。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 水曜日の手紙ってどういう意味だろうと思いますよね。


    誰かの言葉があなたを変える
    あなたの言葉も誰かを変える
    そうして世界は変わっていく
    今日はどんな言葉を口にする?


    自分の水曜日の出来事を手紙に書いて水曜郵便局に送ると、そこの局員さんが全国各地から集まった手紙をシャッフルして、別の誰かに送ってくれるというサービスを利用した、40歳の主婦、井村直美と、33歳のサラリーマン今井洋輝の書いた手紙が、水曜郵便局に勤める光井健二郎によって、お互いの手紙が交換され送り届けられます。

    井村直美は本当はパート勤めで、二人の息子をもつ主婦で、毎日いら立っていますが、自分の昔の夢だったパン屋を開くという夢が叶った姿を手紙に、本当のことのように書いて投函します。

    今井洋輝は、イラストレーターになるという夢をあきらめて会社勤めをしていますが、とある事柄から夢を思い出し自分の夢を叶えたいという思いを手紙にしたためます。

    そんな二人の手紙が、光井健二郎の手によって、故意に交換され、二人の人生は大きく変わっていこうとします。

    私は、もう夢があったなんてことも忘れてしまったくらいの、当たり前の繰り返しの毎日を送っていますが、井村直美が久しぶりに食パンを二斤焼いて、幸せを感じる場面は、忘れていた何かを思い出すような、あたたかい気持ちがわいてきました。

    • kanegon69 さん
      わぁ、嬉しいなぁ
      わぁ、嬉しいなぁ
      2020/07/25
    • まことさん
      kanegon69さん♪

      他の作品も読みたいと思っています♬
      kanegon69さん♪

      他の作品も読みたいと思っています♬
      2020/07/25
  • 実在した水曜日郵便局をモデルに、知らない相手と水曜日の手紙を交換する物語。構成が素晴らしく、水曜日郵便局を起点に物語が巧みに紡がれていました。どんな人もきっと何等かしら自分の境遇に不安やストレスは感じているはず。他人の芝生は青く見えるものですが、自分の現実の生活では行き詰りがちかもしれない。全く見知らぬ相手の物語だから素直に受け取れたり、何等かの啓示のように感じられるのかもしれないですね。後半はやっぱり心温まり、じわーっと感動しました。今日は水曜日。会ったことがない貴方の人生もいい方向へ向かいますように。

    (追伸)
    私の大好きな「癒し屋キリコの約束」のカッキーにまた会えて嬉しかったぁ。霧子さんの名言も出てきてファンにはたまらないサービスでしたね。森沢さんの小説はいつも人生の羅針盤のように、明るい光で未来を照らしてくれるかのようです。

    なお、大変残念なことに実在していた「鮫ヶ浦水曜日郵便局」はすでに閉局しています。以下に公開されている過去の水曜日の手紙のリンクをはります。よろしければご参照ください。https://samegaura-wed-post.blogspot.com/

  • 「水曜日郵便局」とは…水曜日の出来事を記した手紙を送ると、
    かわりに見知らぬ誰かの日常が綴られた手紙が届くという、
    一週間に一度・水曜日だけ開くちょっと不思議なプロジェクト。
    家族が寝静まった夜更け、日課として心の毒をこっそり手帳に吐き出していた井村直美は、
    そんな自分を変えたいと、夢を叶えた理想の自分になりきって空想の水曜日をしたため、
    、「水曜日郵便局」に手紙を出す。
    一方、絵本作家になる夢を諦めた今井洋輝も婚約者のすすめで水曜日の手紙を書いていた。
    会うことのない二人の手紙は、やがてそれぞれの運命を変えていき―。

    以前お話を聞いた事があり、その後テレビで宮城の小さな郵便局が放送されてた
    のを観た事があります。
    このお話は、その宮城の郵便局がモチーフなのですね。

    恵まれて幸せな人生を送っているかに見える友人を妬み。
    自分の生活や境遇に不満を持ち毎日日記に毒を吐き続ける直美。
    絵本作家の夢を持ちながらサラリーマンを続け、プロになるために
    退社した友人の才能を羨む今井。
    婚約者がいることを言い訳にしてサラリーマンを続けている。
    水曜日の郵便局の局員も震災で妻を亡くし重い物を抱えて娘と二人暮らし。
    三人が三人とも色んなものを抱えあがいている。
    それが普通の人の人生ってものだよね。
    手紙を書く事で自分の本当の気持ちに気付く事が出来たり、
    誰かの言葉や生き様で一歩踏み出すきっかけになったりする。
    隣の芝生が青く見えたり、人の幸せを妬んだり自分の不遇に悲観になったり
    するけれど、そこを気づき進んでいく。
    知らない誰かの人生を垣間見て…想像して…変わっていく。

    森沢さんらしい優しくて温かくて切なくてやはり涙が零れました。
    色んな過去の本の登場人物が登場して嬉しかったですが、
    私は今井の部屋の下の部屋で猫のお墓を作っていたキラキラ眼鏡の彼
    号泣した事を思い出しました。

    ・自分の心に嘘をつかない。
    ・よかれと思うことはどんどんやる。
    ・他人を喜ばせて自分も喜ぶ。


    大切なのは、頭じゃなくて、心に従って行動すること。
    そうしていれば、物事が上手くいっても失敗しても、後悔することはないんだって。
    自分の心に耳を傾けて、その感情に素直に従って生きてさえいれば、
    死ぬ時も、きっと晴れやかな気持ちでいられる…。

    ごく普通の人達が、小さな普通の人生を歩んでいて、
    それぞれに色んな思いがあって、必死にいきているんだなって。

  • 知らない誰かが知らない誰かを勇気付ける。
    私には文章力がなく、Twitterの短い文章だけでも誤りがあるほど…。なかなか落ち着かない日常なので、心に余裕ができたら知らない相手を勇気づけることはできないけど、手紙を書いてみようと思えるそんな作品でした。

  • 水曜日郵便局に手紙を送ると別の人から手紙が届く。手紙を書いた人、もらった人、郵便局局員のそれぞれの好転する生き方にほっこり、癒される物語。
    最終章が、「ーーーーの遺書」とあったのでどんな悲劇が待っているのかと思って読んでいくと、なるほどと納得の好転する運命を予感させる最終章でした。
    印象に残った文章
    ⒈ 小さなふつうの人生
    ⒉ レディーバグ
    ⒊ 他人を喜ばせて自分も喜ぶ。

  • 宮城県の鮫ケ浦という海沿いの町に
    小さな郵便局があるという。
    そこの郵便局宛に水曜日の出来事を書いて送ると
    他の誰かの書いた水曜日の手紙が届くのだそうだ。

    この物語を読みながら、私だったら何を書くだろうかとずっと考えていた。
    辛いことをそのまま書いたら、きっと読む人を辛くさせてしまうだろうから一生懸命楽しいことを書こうとするかな。
    でもやっぱり、誰かに聞いてほしくて誰にも言えない辛いことを書いちゃうかな。

    なりたかった自分の姿を書いた主婦も
    諦めきれない思いに区切りをつけようと手紙を書いたサラリーマンも、届いた手紙に勇気をもらい
    一歩を踏み出す。

    私も誰かに手紙を出したくて読み終わってすぐに調べてみたのだけれど
    『鮫ケ浦水曜日郵便局』は閉局してしまっていました。
    書きたかったなぁ・・・水曜日の手紙。

  • 森沢さんの本はこの本が初めて。
    今は閉局してしまったが、実際に存在する『鮫ヶ浦水曜日郵便局』を題材にした小説。水曜日に書いた手紙をポストに入れると、水曜日郵便局で手紙がシャッフルされ、知らない人の手紙が手元に届く。もう、これだけでわくわくしてくる。
    もっと前にこのサービスを知っていれば、利用していたなあ、と閉局を残念に思う。
    その代わり、小説の方で存分に楽しませてもらった。「夢を後押ししてもらいたい」「手紙を書くのが好き」という方にはおすすめの一冊。

  • 相変わらず読むとほっこりさせられます。
    ほっこりしたいから森沢先生の本を読むのかな。
    ただ少し中身が薄い気がします。
    そう感じるのは自分だけかな。

  • 水曜日に手紙が書きたくなった!
    とにかく優しい小説でした。

  • 森沢作品が好きな私にしては低い評価になってしまった(^^;;
    何だか……同じ様な作品を何処かで読んだ気がしてしまい、なかなか入り込めなかったですm(*_ _)m
    ただ……やはりラストは感動しました。
    誰にでもあるような心のズット底にあるモヤモヤやイライラや、妬み、自己嫌悪……。
    とても共感しました。
    「書く」って、伝えるって大事なんだなぁ。
    私は残る物が嫌なので(笑)なかなか出来ないけど、自分の手紙が誰かを動かし、誰かの手紙で自分も救われる……。
    あ、やっぱり素敵な作品だったかも。(書いてて気付いた)

全62件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一九六九年千葉県生まれ。早稲田大学卒業。吉永小百合主演で話題となった『虹の岬の喫茶店』、高倉健主演の『あなたへ』、有村架純主演の『夏美のホタル』など多くの作品が映画化され、ベストセラーに。近著に『ぷくぷく』(小学館)、『おいしくて泣くとき』(角川春樹事務所)などがある。

「2020年 『雨上がりの川』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森沢明夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀬尾まいこ
今村 昌弘
東野 圭吾
平野啓一郎
平野 啓一郎
村山 早紀
瀬尾まいこ
有効な右矢印 無効な右矢印

水曜日の手紙を本棚に登録しているひと

ツイートする
×