情事 撮影所法務部 妻木悠人の事件簿 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
2.40
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041074428

作品紹介・あらすじ

法務部員として大東映画東京撮影所にやってきた妻木悠人。現場の面々と親しくなりつつある中、倉庫で他殺死体を発見してしまう。一方、女優の玲子と関係を持つが、彼女には胸に抱えたものがあるようで……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 安達瑶『情事 撮影所法務部 妻木悠人の事件簿』角川文庫。

    昭和34年の映画界を舞台にしたエロスのスパイスが効いたミステリー。

    事件が起きるまでが長く、事件の真相もあっさり。ミステリーとして楽しむよりも、当時の映画界の雰囲気を楽しんだ方が良いのかも知れない。

    大東映画の東京撮影所で起きた殺人事件に巻き込まれる新入社員の法務部員・妻木悠人……

  • 謎解きの部分が少なくて残念でした。
    昭和30年代の映画の制作についてはリアリティがあって、映像が浮かぶようでした。

  • 盛り上がりに欠ける。映画製作の解説に8割がたページを割いているように感じた。ミステリーとしての内容は極めて薄い。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

安達O(男性)とB(女性)の合作作家。1994年『令嬢姉妹完全飼育』でデビュー以来、「SMからSFまで」をモットーに意欲作を連発。ノワール色の強い『悪漢刑事』シリーズで人気を不動のものに。

「2020年 『私人逮捕!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安達瑶の作品

情事 撮影所法務部 妻木悠人の事件簿 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする