立川忍びより (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
2.50
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041075340

作品紹介・あらすじ

ブラック企業を辞め、東京都立川市にある実家の中華料理店で引きこもっていた青年・大倉多聞。
両親の借金のカタに見合いをさせられるが、その相手の家族がどうにもおかしい。
婿入りを前提に相手の家に居候することになったが、
許嫁となった女子高生・杏子も、当主の祖父・藤林源吾も、凄腕の忍術の使い手だった!

車に変化する蛙・山王丸、アイドルオタクとして活動する杏子の兄の三太、黒装束に身を包みある秘密を抱えている母親の美佐など、
おかしな家族とも少しずつ関係性を築いていく。

「立川の大盛りの店を守る」謎のバトルを、中華料理で見事に闘い一皮むけた多聞だったが、
彼が藤林家に婿入りするのには、隠された背景があった。
鍵となるのは、立川で活動をしているある地下アイドルで……。

『僕僕先生』の著者による、現代の「忍者一家」で過ごすことになった青年の日常を描く、
はちゃめちゃボーイ・ミーツ・ファミリーな成長物語!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブラックな企業で働きたくないよね。
    山王丸には……乗ってみたいような、みたくないような
    いきなり落ちてくる薬缶やたらい、飛んでくる刃物
    他人に向かって飛んでくるのはチョット面白いけど、自分に向かって飛んでくるのはごめんこうむりたいね、やっぱり。

  • クソ

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1973年、大阪府生まれ。信州大学人文学部に入学後、北京に留学。2年間を海外で過ごす。2006年『夕陽の梨―五代英雄伝』で「歴史群像大賞」最優秀賞、また同年『僕僕先生』で「日本ファンタジーノベル大賞」大賞を受賞しデビュー。「僕僕先生」「千里伝」「くるすの残光」などのシリーズをはじめ、歴史・警察・伝奇など様々なジャンルを書いている。

「2018年 『飯綱颪 十六夜長屋日月抄』 で使われていた紹介文から引用しています。」

立川忍びより (角川文庫)のその他の作品

立川忍びより (角川文庫) Kindle版 立川忍びより (角川文庫) 仁木英之

仁木英之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
村山 早紀
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする