アメリカン・ゴッズ 下 (角川文庫)

  • KADOKAWA
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041078457

作品紹介・あらすじ

移住者と共にアメリカに移り住んだ古の神々が力を失う一方、20世紀はテクノロジーの神々を生み、双方は敵対していた。北欧の戦いの神・オーディンであるウェンズデイは、古い神々に団結を呼びかけるが、妻の亡霊が敵を殺したため、シャドウは指名手配されてしまう。妻の亡霊に助けられながら、決戦に臨んだシャドウが、新旧の神々に語った衝撃の事実とは――? 鬼才ニール・ゲイマンが神々の対決を描く、最高傑作! 解説:三橋曉

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 残酷で我が儘なことや暴力がどんどん続くのに、最後まで読み切れたのは主人公が紳士だったからでした。
    紳士ったって刑務所あがりなんだしいつ裏切られるか…と思っていたけど、終始主人公に相応しい誠実な人だったと思います。お陰で面白く読めました。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

イギリス生まれ。アメリカンコミック「サンドマン」の原作者。世界幻想文学大賞、ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ブラム・ストーカー賞など数々の文学賞を総なめにする。著書に『コララインとボタンの魔女』『アナンシの血脈』『グッド・オーメンズ』『スターダスト』など多数。

「2020年 『アメリカン・ゴッズ 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ニール・ゲイマンの作品

ツイートする
×