根津権現裏 (角川文庫)

  • KADOKAWA
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041079607

作品紹介・あらすじ

貧窮と性病、不遇と冷笑の中で自らの¨文士道¨を貫いて書き、無念に散った、無頼の私小説家・藤澤清造。歿後弟子・西村賢太がその代表作を伝える。

著者プロフィール

1889年10月、石川県鹿島郡(現・七尾市)生まれ。尋常高等小学校卒。足の骨髄炎手術後の自宅療養を挟み、七尾町内で各種職業に就く。1906年上京。『演芸画報』誌訪問記者等の職を経て、22年、書き下ろし長篇小説『根津権現裏』を刊行。新進作家の列に加わるが、程なく凋落。長年の放埓な悪所通いにより精神が破綻。警察に拘留、内妻への暴力行為が続いた果てに、32年、厳寒の芝公園内ベンチにて狂凍死する。

「2020年 『根津権現裏』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤澤清造の作品

根津権現裏 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×