真夜中のオカルト公務員 第12巻 (あすかコミックスDX)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (4)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 127
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041082218

作品紹介・あらすじ

「ただ生きてるだけなのに、何が悪いんだよ」天邪鬼のこの一言が新にもたらすものとは? 一方、仙田さんの元奥さんから、合コンに誘われる新たち。合コン相手の女性の肩には、どう見てもアナザーが乗っていて!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 天邪鬼が自分はただ生きているだけだし、
    人間だって自分が生きる為に命を殺して食うじゃないか
    というのは全くそのとおりで、
    人間にとって害があるから殺すだけで
    そこに正当性のようなものはない。
    それを認識した上で敵として対処するというのが
    辛い面もあるだろうが主人公たちの立ち位置が
    はっきりしていて気持ち良い。

  • 基本的に妖怪好きなのでこういうの大好きです。

  • かぐりん(@kagurahikaru)は百鬼夜行が怖いんです!



    第41話・鬼なるもの7
    天邪鬼なやつ!
    宮古新に襲い掛かる天邪鬼を守り刀でカウンター!
    宮古新もなかなかしぶとい。
    バトりながら結界を張っていく裏方班。
    で、
    撃退成功?
    ちなみに、
    かぐりんはわからんでもないね天邪鬼。
    食べるためにってなら仕方がないけど、
    食べられる側として抵抗しるのも仕方がないと割り切らんとね。


    真夜中のオカルト公務員 第12巻 (あすかコミックスDX)

    真夜中のオカルト公務員 第12巻 (あすかコミックスDX)
    作者:たもつ 葉子
    発売日: 2019/11/22
    メディア: コミック


    .
    そう。
    天邪鬼って何匹いるんでしょうね?
    実際に、
    この世界しか存在する場所がないなら結構な数居てもおかしくないよね。。。
    つか、
    一般的にもっと穴ざーが認知されてないとおかしい感じがする。。。
    まぁ、
    マンガなんでその辺は追求しないお約束。



    第42話・水神の婿取り騒動1
    仙田さんと・・・誰!?
    渡部瞳さんは仙田さんの元嫁!
    で、
    何合コン?
    何飲み会?
    武藤さんなる女性はなんだか不思議なもの連れてるし。。。
    何?
    で、
    その不思議なものが仙田さんを見て婿にするとか。。。
    つか、
    渡部瞳さん予知ができると?
    その能力かぐりんによこしませんか?


    第43話・水神の婿取り騒動2
    ふむ、
    実家の裏山に湧き水が湧いてるのですか武藤さん。
    って、
    宮古新が聞き出す。
    で、
    やっぱりですけど、
    仙田さんの触媒体質があれば、
    実家の裏山の湧き水を復活できると。。。
    お約束ですなぁ。。。


    真夜中のオカルト公務員 第12巻 (あすかコミックスDX)

    真夜中のオカルト公務員 第12巻 (あすかコミックスDX)
    作者:たもつ 葉子
    発売日: 2019/11/22
    メディア: コミック


    .
    第44話・こだまする夜
    甘泉園って知らない。。。
    新宿にあるの?

    宮古新君は今回ずっと五月蝿い。。。
    耳元でずっと話し声が聞こえるやつ。。。
    地獄だね。。。
    寝れないじゃん。。。
    で、
    原因は甘泉園にあると踏んで足を運ぶ。
    で、
    考えると答えにたどり着く?
    木霊!
    山彦!
    そりゃ五月蝿いだろうねぇ。。。
    で、
    百鬼夜行!?
    百鬼夜行ってめっちゃ近寄っちゃアカンやつですよね。。。
    続くの百鬼夜行!
    で、
    ケツァルコアトル遂に光臨か!?
    最終回近いな!
    とりま、
    13巻に続く!



    良かったら読者になってください!



    読んでくださいましてありがとうございます!

  • 天邪鬼の最期の台詞は重いですねえ。
    ようやく琥珀も帰ってきて、ぼちぼち最終決戦ですか?

  • 面白かった〜。このシリーズ好き。

  • 天邪鬼を何とか騙し、自らの手で殺処分に携わった宮古。生きるためにしただけという天邪鬼の人間とは決して相容れない断末魔にモヤッとした感覚を残す。

    日本に帰国した仙田の元嫁・瞳と会うために出向いた宮古は物臭で同時開催された合コンの同席者に神様が憑いていて仙田を見染めた事に気付き、瞳の予知の能力や仙田の触媒体質、二人の離婚理由も知る。

    他にも山彦の件で百鬼夜行に戻すため、京都まで出張するも琥珀のせいだったりで肩透かしをくらったりするが、どうやら琥珀の兄ケツァルコアトルの周期が近づいている事が語られる。

    天邪鬼は何とも醜怪で不気味な終わり方で面白かった。
    瞳さんと仙田の関係は大変そうだけど、素敵。
    ケツァルコアトルの伏線を全部回収したら話が終わりそうで残念。もう少し長く読みたいな。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

漫画家。コミックNewtypeで『真夜中のオカルト公務員』連載中。ほか、『よつば男子寮戦線』全3巻。

「2018年 『真夜中のオカルト公務員』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たもつ葉子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×