いのちの初夜 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.78
  • (25)
  • (13)
  • (35)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 202
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041083017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「いのちの初夜」を始めとする8編。
    北條民雄はハンセン病に罹患し、療養所に入所してから創作活動を始めている。収録作すべてがハンセン病を患った自分の視点や他の患者の視点から綴られていて、療養所内で目の当たりにする人間模様や「いのち」についての葛藤が描かれている。ハンセン病については皮膚がただれてくる、目が見えなくなる、感染力は弱いが家族内感染が多い、ぐらいしか知識がないまま読んだ。
    想像をはるかに超える苦しみや痛み、生きることに対しての切実な嫌気。「いのちの初夜」の佐柄木の言葉がすべてだと思った。
    「ね尾田さん。あの人たちは、もう人間じゃあないんですよ」
    「人間じゃありません。尾田さん、決して人間じゃありません」
    「人間ではありませんよ。生命です。生命そのもの、いのちそのものなんです。僕の言うこと、解かってくれますか、尾田さん。あの人たちの『人間』はもう死んで亡びてしまったのです。ただ、生命だけがびくびくと生きているのです。なんという根強さでしょう。誰でも癩になった刹那に、その人の『人間』は亡びるのです。死ぬのです。社会的人間として亡びるだけではありません。そんな浅はかな亡びかたでは決してないのです。廃兵ではなく廃人なんです。けれど、尾田さん、僕らは不死鳥です。新しい思想、新しい眼を持つ時、全然癩者の生活を獲得するとき、再び人間として生き返るのです。復活そう復活です。びくびくと生きている生命が肉体を獲得するのです。新しい人間生活はそれから始まるのです。尾田さん、あなたは今死んでいるのです。死んでいますとも、あなたは今人間じゃあないんです。あなたの苦悩や絶望、それがどこから来るか、考えてみてください。一たび死んだ人間の過去を捜し求めているからではないでしょうか」

    ちなみに差別を恐れて遺族が本名を公開していたかった著者の本名が、阿蘇市の20年の説得を持って、2014年ついに公開されたということです。

  • ハンセン病がまだ不治の病で、患者が隔離されていた80年近く前に書かれたもの。
    著者自身もその病により、「いのち」「生きる」ことと真っ向から対峙しなければならなくなった絶望と苦悩のなかで描かれた作品が8作収録されている。

    患者たちの追いこまれた、あまりにむごく、孤独で絶望的ないのちの時間は、想像すらかなわない厳しい日々で、ここで何と表現すべきかわからない。
    作品中に何度も出てくる、人間という存在を越えたいのちそのものがここにいる患者たちだ、という言葉が、終始心を貫いて離れない。
    心を鷲掴みにされるような感覚を味わったのは久しぶりだ。

    表題作の、主人公(著者自身の療養所入所の初日の思いそのままが投影されている)の自殺したいが生きてもいたいという葛藤は、たぶん本当にその思いに駆られた人物にしか描けない生々しいものであった。
    表題作のほか、太市という少年を描いた「望郷歌」と、死の床に瀕した患者が入院女性の出産を待つ「吹雪の産声」が印象に残っている。

    蛇足だが…この装丁はちょっといただけない。

  • もし自分が不治の病になったらどうしよう、という不安はふとした時によぎるのでないでしょうか。まだまだやりたいことがあって、できるはずなのに、社会から放り出されるのは心と体を引き剥がされるようなもの。それはハンセン病でなくても同じだろうなぁ。隔離された病院はひとつの村のようで生活がそこにあるというのが意外で自分の無知を知る。

  • 高知・阿南出身の作家。多摩全生園にいたという。2017/12/02 08:24 (TBSラジオ「人権トゥデイ」にて前山記者より)

  • 「癩」の発病により二十一の時、東京都下東村山の癩療養所全生病院(当時)へ入り、わずか二十四で、腸結核によりその生涯を終えた北條民雄。その入院最初の一日を書き記した「いのちの初夜」で記録されている一人ひとりの姿を、同じ年頃に目の当たりにし、そこで生きた彼のことを、なんとも言えず。「患者」を記すその表現からは、その若さが所以の、ウチともソトとも言えない立ち位置からの思いが感じられる。

  • ハンセン病を通して、生命とは…人間とは…と、語りかけてくるような作品。静かで、穏やかな哀しみと絶望。生きること…生きているということの意味を、かんがえた。

  • 先日、産経新聞に「ハンセン病作家 北條民雄の実名公開」という記事に目が止まった。

    かつてハンセン病が不治の病だったため、社会からは恐怖の目が注がれ差別政策へ繋がり、患者達は親族と関係を経つことが情とされた時代。北條が入所した全生園は今もハンセン病患者への支援と治療を行う病院として役割を持ち続けるも、どうしても過去の出来事と感じてしまう。

    しかし今回の記事が掲載されるということは現在もハンセン病で苦しんだ人々の苦悩と、
    社会が黙殺した人権の侵害が問題として続いている様に感じた。


    「いのちの初夜」
    小田高雄は絶望と絶え間ない恐怖に怯え常に死を望むも、実は社会と関わり、社会が人として認める人間として生きたいという思いが、死にたいという思いを招いていることに気づく。
    ハンセン病患者として生きねばならず、生きるならば社会が人として認める人間になりたいと望んではならない。そうすれば死にたいという思いは消える。しかし、ハンセン病患者として生きるならば、新たに何らかの生きる目標を自ら探さねばならない。


    北條が尊敬したゲーテは遺した。
    「人間は努力する限り迷うものだ」

    北條は生きること自体に苦悩と迷いを感じつつもその大いなる不安からこの作品を生み出した様に感じた。

  • 昭和のはじめ頃にハンセン病患者の生活を描いた短編小説。著者自身もハンセン病を罹患しており、24歳という若さで亡くなっている。病気が話の中心となっており登場人物のほとんどが患者であるから、暗い内容が多く病状の描写などエグイところもあるが、どこかしら希望だったり明るさだったりが感じられる。あと、小林多喜二の読後感と似たところあるなと思った。

  • 勉強になりました。

  • ハンセン病のことを詳しく知らなかったので、これを機会に写真をみたりした。ああ…と呻き声のような声しかでない。ハンセン病の療養所が舞台の小説を読んだことがなかったので、ただただ衝撃。

全27件中 1 - 10件を表示

北条民雄の作品

いのちの初夜 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする