あけてびっくり しかけえほん べろべろばあ (あけてびっくりしかけえほん)

著者 :
  • KADOKAWA
3.83
  • (7)
  • (13)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 174
感想 : 10
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041084625

作品紹介・あらすじ

わんわん わんわん だれかな だれかな 
べろべろ…
ばあ!

大きく下に開くといろんなお顔が大画面!
自主性とワーキングメモリーを育む、驚きと好奇心いっぱいの楽しいしかけ絵本が新登場!

<作者より>
「べろべろばあ」ってインパクトのあるフレーズですよね。
子どもの世界の言葉。相手をバカにするようで、可笑しくて、
ふざけているのに、愛がある、憎めない言葉だと思います。
そんな素敵な言葉を絵本にしました

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2y1m0d
    大きな舌でべろべろばあ
    大きく開ける仕掛け絵本。
    お化けのページで、こわいなぁと言っていた。

  • 6ヶ月で食いついた

  • わんわんなど鳴き声メインではなく犬、ライオンと名称をちゃんと書いてあるところが高評価。たてがみのあるオスライオンの絵の後ろにメスライオンと子ライオンの挿絵があったり、メインの犬のうしろに犬種のちがう犬たちがうつっていたりと、ステレオタイプに固執してないのもいいところだなと思った。

  • 1歳半.大好きで何度も繰り返し自分でめくってはばあと笑っている.ぱおーんが特に好き

  • 出産祝いでもらったもの
    ずっと読んでるけど、たまに選んで読んでという

  • 2:6喜んで何度も自分でも開いたり閉じたり

  • 8m

  • 0歳8ヶ月
    おすすめの絵本をばあばに買ってもらった
    気に入ったようで自分でページをめくったり
    読んでと言いたそうに渡してくる。
    オバケのページがお気に入りみたい

    2歳11ヶ月
    弟に買ったのに姉の方が気に入って離さない

  • 1歳

    開いてめくる仕掛け絵本。

    いちど仕掛けがわかると本人が自ら開いてよくページをめくっていた。
    絵自体に興味があるかどうかわからないけれども
    よくペラペラとめくって楽しそうに見ていた。

    個人的に新井洋行さんはヒットが多いと思う。

  • 新井さんの絵本は可愛いですが、これは楽しいよりもちょっと怖い…

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1974年東京生まれ。二人の娘の父。絵本作家、デザイナー。
絵本に『れいぞうこ』(偕成社)、『いろいろ ばあ』(えほんの杜)、『おやすみなさい』(童心社)、『ちゅちゅうたこかいな』(講談社)、『しろとくろ』(岩崎書店)、『いっせーの ばぁ』(角川書店)、『おばけと ホットケーキ』(くもん出版)、『つんっ!』(ほるぷ出版)など多数。
挿絵に「モーキー・ジョー」シリーズ(フレーベル館)、「パーシー・ジャクソン」シリーズ(ほるぷ出版)がある。

「2020年 『ふゆといえば…』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新井洋行の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×