文豪ストレイドッグス STORM BRINGER (角川ビーンズ文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.23
  • (14)
  • (10)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 157
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (484ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041085172

作品紹介・あらすじ

太宰治とともに『荒覇吐事件』を終息させ、ポートマフィアに加入して1年。
幹部の座を狙う中原中也の前に現れたのは、中也を弟と呼ぶ暗殺王ポール・ヴェルレエヌだった!
「お前の心に関わる人間を、全員暗殺する」
彼の計画を阻止するため、中也は欧州の人造知能捜査官・アダムと手を組む。
それは横浜をふたたび呑みこむ嵐の予兆。
中原中也とは一体“何”なのか。射干玉の闇に包まれた過去の真実が今、明らかになる――!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これは本当に映画化して欲しい作品。中也がメインでほとんど中也しかでてきません。中也のファンにはぜひ読んで欲しい作品。辛いシーンも多くありますがそれでも最後には希望をみせてもらえました。じっくり
    読んで欲しい作品です。

  • 2021/04/26

  • 『太宰、中也、十五歳』の後編。
    中也の生い立ちがわかってくるけれど、肉体的にも精神的にも痛い。そんなに傷つけなくても…と思うほど。それでも突き進む中也はやはり強い。

  • 若干、話の筋よりも作者の書きたい想いが強く出ていた

  • 中也と心中したくないという理由で一番の望みである「死」さえも諦める、そんな太宰さんが最高すぎた。

  • 文豪ストレイドッグスの番外、太宰と中也の過去編。太宰の畳み掛けるような「こんな事もあろうかと」は天丼の域に達していると思う。それはともかく前作の『太宰、中也、十五歳』を読み返さないとすっかり忘れている。尾崎紅葉は本当は男だよとかはもうヤボなツッコミ。敢えてテーマを言えば、アイデンティティ、かな。

  • 太にとっての織だけでなく、中にとってピアノマンたちがいてよかった

  • 汝は人間なりや?

    自分の過去を知るために幹部への道を進む中也の前に現れたのは、機械の刑事と兄を名乗る暗殺者。最大の秘密と「生きる」とはを問う戦いが始まる。

    まず、白瀬が死ななくてよかった。こういうキャラが亡くなったら希望が持てない。そして、思った通りに試し読みのみんなは死んでた。そうだと思ってたんだ。あと生死だけで言うなら、アダムはフランケンなだけに復活したな。意外だったのは、ランボオが残っていたにもかかわらず、ヴェルレエヌに生を譲ったところ。2人とも残ってほしかったけど、この展開が一番ランボオの素敵さが際立ちますね。銀や鏡花ちゃんがヴェルレエヌの教え子だとか、色々吹っ切れた兄が五大幹部の一人だとか、まだまだ中也には語られる物語があると思いますが、当分の間は「想像力の宮殿」の中で待っています。

    巻末のキャラクター設定ラフを見れば見るほど兄弟素晴らしい…という言葉しか出てきません。

  • 過去の中也については謎に包まれていたが今回読んだことで他の小説や本編と繋がっていたりと過去の積み重ねが実感出来た回でとても面白かった。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

シナリオライター。「文豪ストレイドッグス」「汐ノ宮綾音は間違えない。」「水瀬陽夢と本当はこわいクトゥルフ神話」(全て株式会社KADOKAWA)のコミックス原作を手がける。

「2021年 『文豪ストレイドッグス STORM BRINGER』 で使われていた紹介文から引用しています。」

朝霧カフカの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

文豪ストレイドッグス STORM BRINGER (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×