角川まんが学習シリーズ まんがで名作 渋沢栄一の論語と算盤

  • KADOKAWA
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041086490

作品紹介・あらすじ

「資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一は、中国の古典『論語』を学び、個人の利益の追求ではなく、みんなの得になる社会をつくるにはどうするべきか」を考え実践した人物。
この『渋沢栄一の論語と算盤』は、子供たちがイメージしやすいように現代に置き換え、私たちの学校生活や友達付き合いに活かせる考え方などを、分かりやすいまんがで紹介しているよ。
【目次】
プロローグ 「渋沢栄一」との出会い
第1章 お金持ちになりたい!
第2章 どうして勉強ってしなきゃいけないの?
第3章 どうやって生きていくのがいいんだろう?
第4章 がんばっているけど、うまくいかない時は?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この間内村鑑三『後世への最大遺物』を佐藤優さんが解説した『人生、何を成したかよりどう生きるか』を読みました。
    この本と似たような印象を受けました。

    激動の時代。価値観が次々変化する時代。
    自分の感情に振り回されがちな私たち。
    そんなとき2000年前のキリストや
    2500年前の孔子の言葉が
    冷静にしてくれるということなのではないでしょうか。

  • 本書は小学生が抱く素朴な疑問を、論語と算盤の内容を例に出しながら、大人が分かりやすく解いて行くという構成になっている。
    「お金持ちになりたい」「どうして勉強しなきゃならないの?」「どうやって生きて行くのがいいんだろう?」「頑張っているけど上手くいかない時は?」等々「僕たちはどう生きてどう行動すべきか」に対する解が、漫画を通して的確かつ明確に示されている。「論語と算盤」入門書としては最適である。

  • 渋沢栄一さんの事が知りたく、まずは漫画から読んでみようと選びました。
    ストーリーの中に渋沢さんの名言が散りばめられていて、労働する上で大事な道徳心を少しは改心出来たような気がします。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンス...
山崎 聡一郎
にしの あきひろ
ヨシタケシンスケ
ヨシタケシンス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×