ラストエンブリオ8 追想の問題児 (角川スニーカー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 59
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041087275

作品紹介・あらすじ

第二次太陽主権戦争・第一回戦の激闘を乗り越え、「問題児たち」はお互いに三年の間で経験した出来事を語り合う。そして、つかの間の休息の時間も過ぎ去り、第二回戦が幕を開けるーー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あとがきで、ラストエンブリオは当面休みらしい、もう出ないかも。。。
    第二次太陽主権戦争、アトランティス大陸での戦いがおわり、二回戦へ。
    二回戦はローマでコンクラーヴェに係る法王暗殺らしい。
    護法十二天が解決した汝窯青磁の事件。
    十六夜の高校時代の先輩で番長だった土御門。
    飛鳥が階層守護者となった経緯、耀が過ごしてきた時間。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

第14回スニーカー大賞にて「イグヴェイジョン」で《奨励賞》を受賞。「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」でデビュー。

「2020年 『ラストエンブリオ8 追想の問題児』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竜ノ湖太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×