彩雲国物語 十二、白虹は天をめざす (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.80
  • (2)
  • (8)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 88
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041087459

作品紹介・あらすじ

監察御史として、自分なりに歩み始めた秀麗。一方国王の劉輝は、忠誠の証を返上して去った、側近の藍楸瑛を取り戻すため、藍家の十三姫を連れ、藍州へ赴くが……。秀麗たちを待ち受ける運命はいかに。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 藍家は曲者揃いだなぁ

  • 軽く明るく砕けた文体に慣れてきた。頑張れ、という気持ちになる。
    2021/6/3

  • いつでもこの話を読むとがんばろって思う

    サクッと読めて
    笑ったりハラハラしたりできて
    秀麗のように一所懸命になれるのいいな

  • 藍家と楸瑛のお話。
    本編が少し重い内容なので、アナザーエピソードは初めの頃の軽い内容で楽しめた。
    楸瑛が戻ってきました。次は絳攸のお話かな?
    NHKアニメがここまでの内容だった様な…。
    次巻からは知らない内容になる。紅家の秘密なども早く知りたいです。

  •  劉輝が楸瑛を藍州の九彩江まで迎えに行くお話.あまり熱心にみてなかったのでよく憶えていないのだけれども,NHKのアニメはここまでだったかな?
     蒼家と縹家の関係などいろいろわかったこともあったけど,新しい謎もいろいろ(劉輝と秀麗の婚姻は仙洞省が反対しているとか,悠舜の出自には紅家となにか因縁がありそうとか,秀麗の身体が変化してきているとか・・・),続きが楽しみ.

     秀麗は楸瑛に主上をどう思っているとたずねられて何と答えたのだろう.

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

茨城県生まれ。2002年10月「彩雲国綺譚」で第1回ビーンズ小説賞の読者賞・奨励賞をダブル受賞。03年11月、受賞作をもとに改稿執筆した『彩雲国物語 はじまりの風は紅く』で作家デビュー。同シリーズは11年7月に本編が完結し、累計650万部を超える大ヒット作となる。他の著作に「レアリア」シリーズ、『エンド オブ スカイ』がある。

「2021年 『彩雲国物語 十三、黎明に琥珀はきらめく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

雪乃紗衣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×