新訳 リア王の悲劇 (角川文庫)

  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041087923

作品紹介・あらすじ

引退を決意した古代ブリテンの老王リア。財産分与のため三人の娘に自分への愛を競わせるが、美辞麗句を嫌う三女コーディーリアに激怒し勘当する。だが長女と次女の結託により、自らも嵐の中へ閉め出されてしまう。全てを奪われたリアは絶望の旅の途上、欲望と裏切り、飢えと苦しみ、真の忠誠と愛に気づくが――。シェイクスピア四大悲劇の中で最も悲劇的と言われる傑作。改訂版の全訳に初版の台詞、徹底解説を付した完全版!

【目次】
新訳 リア王の悲劇
詳注
クォート版にあるが、フォーリオ版で削除された台詞一覧
クォート版になく、フォーリオ版で追加された台詞一覧
『レア王年代記』、トルストイ、オーウェルについて
訳者あとがき

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  シェイクスピア四大悲劇の1つ『リア王』の訳。「一六二三年出版のフォーリオ版を底本とし、一六〇八年出版のクォート版にしかない部分は巻末に訳出し、異同は注記した」(p.4)という、研究者が使えそうな仕様になっている。
     おれは一般読者なので「クォート版にあるが、フォーリオ版で削除された台詞一覧」とか「クォート版になく、フォーリオ版で追加された台詞一覧」とかを見ても、あんまり何とも思わないけど、シェイクスピアの研究者、あるいは文献学というのをやる人はこういう感じでいくつかの版を見比べる作業をするものなのかなとか、だとすればおれやっぱりこういう作業をするのはむいてないな、とか関係ないことを思う材料となった。
     それはともかく、やっとこの歳にして『リア王』を読み、ようやく四大悲劇全部読み終わった。でも一番好きなのは大学の時に読んだ『オセロー』かな。一番難しい?というか筋が覚えられないのは『ハムレット』かなあ。河合先生の訳で『ハムレット』も読んでみよう。
     『リア王』についてあらすじを読んだ時から思っていたことは、リア王の気性の激しさ、なんでこんなことで激怒して態度が急変するのか、という違和感だが、これと同じようなことをトルストイが思っていた、という後ろの解説が面白かった。トルストイみたいな時代も国も違う人もシェイクスピアは読んでいたのか、という驚き。しかし、それも河合先生の解説では「『わけのわからなさ』の中に意味がある、あるいは混沌の中に人間として生きる姿があるということを示唆しているのではないだろうか。どんなにまともに生きているつもりでも、人間である以上は愚かさを抱え、わけのわからない部分を秘めているーそれがシェイクスピアの人間像だ。」(p.255)という部分に納得。そういう人間観を楽しむ、というのがシェイクスピアの醍醐味の一つ、と理解すべきだと思った。
     最後に、河合先生の訳は注釈が面白いが、その中で気になった部分のメモ。まず「エリザベス朝時代に、若い伊達男たちが酒の勢いを借りて自分の腕や手を剣で傷つけ、滴る血をワインに混ぜて恋人に祝杯をあげる風習があった」(p.56)という部分。なんか昔は現代に比べて残酷だよなあと思う。同じエリザベス朝時代の文化の話として「男性のズボンの股間につけた詰め物入りの袋状装飾であり、男性器の存在を強調した。」(p.96)というズボンがあったらしい。なんだそれ。それからこのエドマンドは、読んでいる時からずっと、やり口が『オセロー』のイアーゴそっくりだなあと思っていたが、わりと色んなところの注釈でイアーゴが出てきて、やっぱり、という感じだった。第二幕第二場のケント伯の台詞「このすっとこどっこいのZ野郎。不要な文字野郎!」(p.66)というののしりが面白い。「当時ZはSで代用された」(同)という事情らしい。
     リア王が悲劇の主人公で、それを救おうとしたコーディーリア、という構図で捉えてしまうけど、「ゴネリルに対して恐ろしい呪いを浴びせたリアの行為も行き過ぎであって、それもまた赦されるべきではない。ゴネリルとリーガンを悪女と捉え、リアを『罪を犯すよりも犯された男』(97ページ)とのみ捉えてしまうと、本作のもつ悲劇性は浅薄なものとなってしまう。コーディーリアでさえ決して美徳の権化などではなく、人間としての罪を逃れられない。(略)」(p.267)という部分に納得したし、こういうのがあるから作品を読むのは面白いなあと感じる。河合先生の訳で他のシェイクスピア作品もどんどん読んでみよう、と改めて思った。(21/03/07)

  • 2021/2/25

    偽と善のどちらを選ぶか。これが本書のテーマだと思う。

    偽を選ぶことは人間らしいことであると同時に愚かさを露呈することだが、善を選ぶことは人間らしさからは乖離する。ブリテン王国とフランス王国はそれぞれ偽と善を象徴しており、後者が敗北するという結末にはやや納得がいかないが、シェイクスピアの礼賛する人間らしさの欠如がそうさせたと解釈すれば合点がいく。

    物語前半では偽で欲望を満たし、それに気がつかない王はホイホイと騙されてしまう。(ケント伯の変装という偽にも王は気が付かない。観客はそれを知っているためにアイロニーが働いている) 偽によって地位が失墜した王は、偽に対抗した善の集団に出会う。その一員にグロスター伯がいるのは巧妙。元々偽に属していた彼は目をくり抜かれてから、善に気づく。というのも、『オイディプス王』が示すように、盲目は真理を見る者という位置付けとして定着しており、グロスター伯は偽→善の象徴として描かれている。

    シェイクスピア四大悲劇の総合的な順位付けをしてみるとこんな感じだなー。オセローはぶっちぎり。

    オセロー → ハムレット → マクベス → リア王

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1564年イギリス・ストラットフォード生まれ。1592年頃にロンドン演劇界で劇作家として幸運なスタートを切る。およそ20年間劇作に専念し名をなす。1616年没。

「2020年 『新訳 リア王の悲劇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シェイクスピアの作品

ツイートする
×