極道さんは慰め上手なパパで愛妻家 (角川ルビー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041089590

作品紹介・あらすじ

海外にいた佐知の父親・安知が、再婚相手とその子どもと一緒に帰国した。安知が母・佐和だけを愛し続けていると思っていた佐知は、思わず取り乱すが、賢吾は安知の真意を理解しているようで、「親父さんを、許してやってくれ」と諭す。そんな賢吾に佐知はつい八つ当たりをしてしまうが、賢吾は自己嫌悪に陥る佐知を優しく受け止める。賢吾によって語られる母の姿、史の親になったからこそわかる両親の想いに、佐知は賢吾との未来を重ね合わせ…? 賢吾視点の掌編も収録!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ★3.6

  • 極道さんシリーズ本編8冊目。アットホーム893。今回はさちぱぱが帰ってきて佐知がてんぱってしまったけど、解決してみればさちぱぱ…(´;ω;`)
    そしてシリーズで一番賢吾がかっこよかった気がする!器の大きいいい男だったけどご近所さんとさちぱぱには頭上がらないわなぁ。楽しく読めました!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

大阪府在住。第15回角川ルビー小説大賞にて『これだから童貞は』で読者賞を受賞。『上司と子育て同棲中!?』『砂漠の王子に見初められています』を執筆。

「2023年 『極道さんはイタリアでもパパで愛妻家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐倉温の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×