世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する6 (角川スニーカー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.67
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041089736

作品紹介・あらすじ

 妖艶なる蛇ミーナからの招待を受け、新たな契約と選択を迫られる一行。
そして、命懸けの戦いと交渉を切り抜け再び学園へ通う事になったルーグは、一学年上のローマルング家令嬢・ネヴァンより驚くべき依頼を受ける。
何でも世界最大宗教であるアラム教の教皇に魔族が成りすましているらしいのだが!?
「教皇の始末ができるのは世界で貴方だけ。この国のため、殺っていただけますわね?」
最高権力者の一角である"教皇"の暗殺、それもその正体は"魔族"という規格外。
「……前世を含めて生涯最高難易度の殺しだな。だが、やってみせる――」
 人類存亡を賭けた究極の暗殺ミッションがはじまる!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アニメ化おめでとうございます。

    なろうサイトでの連載が止まったままなので心配してましたが、文庫では異端審問からの逆転までが完結していてホッとしました。

    これからは文庫での続きを楽しみにしてます。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

小説家。『エルフ転生からのチート建国記』で作家デビュー。代表作は『回復術士のやり直し』『世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する』など。

「2020年 『異世界最強の大魔王、転生し冒険者になる2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

月夜涙の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×