偽画 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
2.40
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 22
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041090022

作品紹介・あらすじ

海外で通用する画家の一人である山岡が死亡した。学芸員の由紀は、「知られざる傑作」がどの絵であるかを突き止めていく。それは殺人事件の動機解明となると同時に、妻・美弥子の真実に迫ることでもあった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 12月-21。2.0点。
    大物作家が死去。死去前に企画された美術展で、隠された名作があると聞いていた、主人公の学芸員。
    その名作を持っていた、画家の主治医で愛好家が殺害される。

    うーーん。奇をてらいすぎたのか、ひねりを効かせすぎたのか。本筋の事件とは違う、主人公とミステリアスな画商の目的やらが全く意味不明。事件の謎よりそっちが気になった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京女子大学心理学科同期卒の二人による共同執筆。『誤算』で第27回横溝正史ミステリ大賞テレビ東京賞を受賞。

「2020年 『偽画』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松下麻理緒の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×