天穹の船

著者 :
  • KADOKAWA
3.50
  • (2)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 8
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041090145

作品紹介・あらすじ

江戸末期、船大工の平蔵は異人であるロシア人の船を建造することになった。技術を盗むためと嫌々造船に携わるが、彼らの温かい心に触れる内に平蔵は考えを改め始める。そんな中、彼らの命を狙う攘夷派の存在が――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 生きるために変わろうとした二人が悲しかった。

  • 最近、幕末から明治にかけての小説を読むことが多いですが、沈没したロシア船の代わりの船を造った船大工たちのお話というところに惹かれて読みました…が、なんかちょっと思ってたのと違う(^^; 尊王攘夷の風が吹く時代の中で異人の船を造る、あるいは異人たちと交流を持つことの困難さをもっとじっくり読みたかったなぁ。まぁ、美しいお話ではありましたが…そこで終わらないで、って感じもあるかな。

  • とても読みやすかった。船大工もとても興味深かった。
    ただ話の点のそれぞれはとても興味深かったけれど、無造作に置かれたまま終わった印象も少し持った。柿本人麻呂の歌のチョイスはとても良かった。

  • 最後の悲しさ。物語の展開に驚き、遡って考え直すと気がつくけれど、胸が痛む。でも、最後まで一気に読んでしまう。

  • 江川太郎左衛門、江戸末期の代官でもあり、幕府にとっても貴重な人材であった。

    そして、大地震で船を沈没させてしまったロシアの船を戸田の船大工が建造することに。

    時は、尊王攘夷の風が吹き荒れる頃、外人排斥の機運と怪しげな浪人たち。

    そして船大工平蔵には誰も知らない大きな秘密があった。


    二重三重のミステリーになっているこの本は、しっとりと人の情愛を描いている。
    歴史と家族愛を上手に絡めた物語になっている。

  • 黒船が来航した幕末、伊豆国の船大工・平蔵は、難破したおろしあ人の船の造船世話係をすることになる。異国人を忌避していた平蔵だったが、彼らの温かい心に触れ、友情を育むようになる。そんな折、20年前に生き別れとなった幼なじみが、攘夷を果たそうと襲ってくる。

  • 一息に読んだ。
    面白かった。
    戸田(ヘダ)の船、初めて聞いた。
    天の海に 雲の波立ち 月の船  星の林に 漕ぎ隠る見ゆ

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

篠綾子/埼玉県生まれ。東京学芸大学卒。『春の夜の夢のごとく 新平家公達草紙』でデビュー。主な著書に『白蓮の阿修羅』『青山に在り』『歴史をこじらせた女たち』ほか、成人後の賢子を書いた『あかね紫』がある。シリーズに「更紗屋おりん雛形帖」「江戸菓子舗照月堂」など。

「2023年 『紫式部の娘。 1 賢子がまいる!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

篠綾子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×