あけてびっくり しかけえほん くれよん ぐりぐり (あけてびっくりしかけえほん)

著者 :
  • KADOKAWA
3.70
  • (3)
  • (8)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 132
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (30ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041091364

作品紹介・あらすじ

赤、青、黄色、オレンジ、緑に黒……。箱から飛び出したクレヨンたちが、楽しくお絵描きをはじめたよ! しゅっしゅ、ぐりぐり、てんてんてん。お花やライオン、恐竜、くじらに電車! 今度は何をかくのかな? お子さんにページをめくらせてあげてください。ながーーくのびる絵本に、こどもたちの目が輝きます!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ページを広げていって楽しい絵本

  • クレヨン大好きな時期だから大喜び。色→物→ストーリーと、さまざまな視点から楽しめる。母選書。

  • 1y2m
    そろそろお絵描きデビューしたくて読んだ絵本。
    読んでから少しクレヨンに興味を持ってくれてよかった。

  • ●読み聞かせ。
    ●自分からしかけをめくりにいってたね。

  • いろいろな色のクレヨンがせいぞろい。緑のクレヨンと黄色のくれよいがかいているのは・・・はっぱにちょうちょ。(横のページをひろげると)赤のクレヨンがかいたのは花。ライオン、トラ、チータ。ティラノザウルスとプテラノドン。クジラ、しろくま、ペンギン。最後はクレヨンでかいた電車にのるのは、動物たち。しかけ絵本。

  • 2段階しかけ絵本!
    めくってめくって楽しさ2倍♪

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1974年東京生まれ。東京造形大学デザイン科卒業。2人の娘の父。作品に、『おなまえおしえて』(偕成社)、『ほっぺにちゅ!』(童心社)、『スプーンとフライパン』(佼成出版社)、『しかくいので』(講談社)、「いろいろばあ」シリーズ(えほんの杜)、『ぴーかーぶー!』『カチンコチン!』(以上、絵・小林ゆき子/くもん出版)、『うみまでいけるかな?』『おつきさまはどこいった?』(絵・小林ゆき子)、『ビルくんとはたらくくるま』(以上、ひさかたチャイルド)など多数。

「2022年 『チュッチュとチョピー なにができるかな?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新井洋行の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×