人財島 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.08
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041091388

作品紹介・あらすじ

大手人材派遣会社に入社した新入社員の北原は、「人財島」なる施設に出向を命じられる。島へ到着した北原を待っていたのは、「追い出し島」と呼ばれる過酷な強制労働施設だった――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 表向きは最新設備整った夢のような研修施設。しかし実態は生産性至上主義に基づく監獄のような施設だった。脱出までのストーリーが面白い!

  • 『宇宙船の落ちた町』が面白かったので購入。これも表紙がいい。
    コロナの影響で人が切られまくるようになった未来(近未来? はっきりと年は書かれていない)にできたヤバい研修施設『人財島』が舞台。
    前半はほぼカイジなんだけど、後半からどんどんリアリティが出てくる。ある意味SFだし、ある意味現代の話。最後の場面にジーンときた。

  • 表紙に惹かれて買いました。個性が潰され、均一化されていく恐怖を感じた。1人ひとりの働き方や生き方に一石を投じる一冊。

  • カイジをイメージしちゃいました。
    しかし、AIが世の中の47%を代替してしまう事を考えると、笑える内容ではなかったですね。

    常に危機感を持つためにも、読まれると良いと思いますよー

  • 前半はカイジを彷彿とさせる勝負。後半は脱出劇。映像映えしそうな世界観としっかりの転結。面白かった。悪者企業名が実在する会社をもじってて連想させてしまうのはちょっと気になったけど。

  • 後半ストーリーが少し雑になった感じ。一番底辺の人の仕事が掃除やデリバリーというのも、違和感ある。管理システムのAIが、単なるセキュリティシステムという点も物足りないので、島から脱出する方法もあっけない。前半が面白かっただけに、ちょっと残念と思った。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

福島県いわき市出身。1990年生まれ。東北大学文学部卒業。東日本大震災をきっかけに、学生時代からのNPO活動と並行して小説を書き始める。2016年、Kindleダイレクト・パブリッシングで個人出版した『プロパガンダゲーム』が大きな話題を呼び、2017年双葉社より書籍化。その他の著書に『ウィザードグラス』『宇宙船の落ちた町』など。

「2020年 『人財島』 で使われていた紹介文から引用しています。」

根本聡一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
凪良 ゆう
辻村 深月
朝井 リョウ
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
川越宗一
カズオ・イシグロ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×