星空の16進数 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.70
  • (7)
  • (8)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 175
感想 : 9
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041091845

作品紹介・あらすじ

17歳でウェブデザイナーとして働く藍葉のもとを、私立探偵のみどりが訪ねてきた。「あるかた」の依頼で藍葉に百万円を渡したいというのだ。幼い頃に誘拐されたことのある藍葉は、犯人の朱里が謝罪のために依頼したのだと考え、朱里と会わせてほしいとみどりに頼む。藍葉は、誘拐されたときに見た色とりどりの不思議な部屋を忘れられずにいた。風変わりな人捜しを引き受けたみどりは、やがて誘拐事件の隠された真相に辿り着く。
解説 似鳥鶏

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • エンターテイメントサスペンスミステリーですね。
    この小説には主人公が二人います。
    十七才の藍葉、母親との関係がねじれて高校を中退してウェブデザイナーの仕事して一人住まいをしている。
    もう一人は森田みどり、育休中の私立探偵。
    藍葉のもとにみどりが顧客から依頼で奇妙な案件を抱えて訪ねて来ることから物語は始まる。
    藍葉は六歳の時に誘拐事件に捲き込まれる過去のトラウマを抱えている。天才的な色彩感覚を持つ少女。対人関係を築けない性格の持ち主。
    みどりは育休中だが、探偵業に執着心を持つ危険を省みず事件解明に猪突猛進してしまう性格の持ち主。
    物語事態は藍葉の依頼でみどりが人探しをするというもの。
    それぞれの人間関係の入れ子細工で交互に進展して行く。
    読みやすく、色彩の16進数という聞き慣れないロジックをキーワードにして、過去の誘拐事件の真相に迫る。
    ちょっとバイオレンスとセックス願望が意味無く描写されるのがたまに傷かな。
    文章がこなれているので好みの作家さんなのだが、他の作品も読んでみたいですね。

  • 本を開けば、世界が輝きだす! 「色鮮やかな小説5選」 | カドブン
    https://kadobun.jp/feature/readings/entry-43526.html

    「星空の16進数」 逸木 裕[角川文庫] - KADOKAWA
    https://www.kadokawa.co.jp/product/321911000194/

  • ネグレクトされていた幼少時代に誘拐された経験のある17歳の少女、藍葉の元に、ある人から探偵と称する女性、みどりが100万円を携えやってくる。

    藍葉とみどり、二人の主人公目線で物語は進む。100万円は誰が用意したものなのか?藍葉を誘拐したのは誰なのか?

    ミステリーとして謎解き部分も十分だが、この小説の核心部は、藍葉がもともと持っていた色覚に対する才能がさらに鋭く開花成長していく様と、探偵みどりの破滅的ともいえる破天荒な行動っぷり。

    それ以外の脇を固めるキャラクターもいい。解説で似鳥鶏が記しているように、逸木裕のキャラクター作り込みがしっかりしているからこそ、そこに寄って立つことで小説に熱が生まれている感じ。物語のテーマになっている色や芸術に関する描写も丁寧で良い。

    テンポよく読める文章のリズムもいい。これは傑作

  • 2022年に読んだ本の整理を兼ねて。

    二人の女性視点で展開。
    タイトルについて色彩計画に関係するものの、マンセル表色系とは異なる指標で新鮮でした。
    みどりさんは、独特な性格。別の本で高校生時代で登場されてるみたいなので、文庫化されたら読もうと思います。

  • みどりさんのご主人の司さん!グッジョブ!
    綺麗なもの。忘れられないくらい印象的で何度も夢に見たものは、本棚だった。
    沢山の本にさまざまな色の折り紙を巻いて、しまう。その景色、見てみたい。
    赤、緑、青。
    光の三原色をブレンドした16進数、
    これでたくさんの色を表現できる。
    でも、色を表現するのは和名が素敵。
    日本の美徳。
    光さすラスト。

  • どうして私を誘拐したんですか――? 色鮮やかな青春ミステリ。

    17歳でウェブデザイナーとして働く藍葉のもとを、私立探偵のみどりが訪ねてきた。「あるかた」の依頼で藍葉に百万円を渡したいというのだ。幼い頃に誘拐されたことのある藍葉は、犯人の朱里が謝罪のために依頼したのだと考え、朱里と会わせてほしいとみどりに頼む。藍葉は、誘拐されたときに見た色とりどりの不思議な部屋を忘れられずにいた。風変わりな人捜しを引き受けたみどりは、やがて誘拐事件の隠された真相に辿り着く。

  • もっとホンワカした話かとおもったら、けっこうハードな小説。文庫本の解説が妙に納得。

  • 探偵が活躍する話。
    正直もっと青春物だと思ってたのだけど、がっつりハードボイルド的なミステリ。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

小説家。1980年、東京都生まれ。第36回横溝正史ミステリ大賞を受賞し、2016年に『虹を待つ彼女』(KADOKAWA)でデビュー。2022年には、のちに『五つの季節に探偵は』(KADOKAWA)に収録された「スケーターズ・ワルツ」で第75回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞した。このほか著作に、『少女は夜を綴らない』(KADOKAWA)、『電気じかけのクジラは歌う』(講談社)などがある。

「2023年 『世界の終わりのためのミステリ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

逸木裕の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×