オー・ヘンリー傑作集 1 賢者の贈り物 (角川文庫)

  • KADOKAWA
3.85
  • (2)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 111
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041092392

作品紹介・あらすじ

1ドル87セント。クリスマスを翌日に控え、若妻デラが夫へのプレゼントに費やせるのは、たったそれだけだった。しかし、愛する夫にどうしても世界一の贈り物をしたい。デラは唯一の自慢である髪を売る決心をするが……(「賢者の贈り物」より)。
世界中でもっとも愛読されているこの一編をはじめ、「警官と讃美歌」「金のかかる恋人」「春の献立表」など、短編の名手オー・ヘンリーが、1900年代初頭のニューヨークに暮らす庶民の姿を独特のユーモアとペーソスを交えて描きだした短編16話を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ままならない人生のワンシーンを、間違いなく皮肉な視点が根底にあるにも関わらず、不思議とユーモアと慈しみを併せて感じさせる巧みな構成と味わい深い文体によって描いた、16話の短編を収録。
    様々な人生の機微がとらえられていて、読後のじんわりと胸に沁みる余韻が心地いい。

    特に印象的だったのは、「桃源郷のはかなき客」。
    長い人生において、日常を離れて非日常における夢に浸る時間を持つって、とても大切。でもそれは、日常における地味な努力の積み重ねがあるからこそできるものであって…という「庶民の現実」をズバリ突きつけてくる作品。
    努力をした主人公女子には、本当に共感しかない。だって、私も少なからずそうだから。
    ラストは、夢の終わりが間近に迫っていることを痛感させるものではあるけど、優しさと救いがあって、ホッとします。

    逆に、「あーあ…」とため息をつきながらも、皮肉と滑稽の絶妙なバランスが取れた結末になんだか笑ってしまったのは、「洒落男の失敗」と「自動車を待たせて」の二話。
    どちらも、見栄のせいでせっかくの人生の転機を逃した人の姿を描いています。
    自分をよく見せようとする見栄やハッタリって、時と場合によっては有効な手段となるのだけど…。うん!残念!

    どの作品も、20世紀初頭の大都市ニューヨークの片隅で生きた人々のさまざまな悲哀を噛み締める秀作揃いです。

    越前敏弥さんの、訳者あとがきにおける、16話それぞれへの寸評もまた素敵。たった3〜4行で、それぞれの物語の骨組みや本質を実に巧みに書き起こしており、感激しました。

    これは、来年刊行される第二弾を是非購入しなければと思った、文字どおりの傑作集でした。

    【収録作】
    警官と讃美歌
    賢者の贈り物
    忙しい株式仲買人のロマンス
    洒落男の失敗
    御者台から
    第九十九分署の外交方針
    金のかかる恋人
    桃源郷のはかなき客
    ハーグレイヴズのふたつの顔
    アイキー・シェーンスタインの惚れ薬
    富の神とキューピッド
    緑のドア
    マックの救出代
    自動車を待たせて
    春の献立表

  •  伝えたいメッセージを話に乗せるというよりは、思いついた面白い話を一つ一つ形にしている感じの作風だったな。見栄を張った主人公が複数の話で登場していたけど、結末に一貫性はなくて、ある時はハッピーエンドだけど、ある時は失敗する話だったし。

    比喩やイメージの結び付け方が独特。説明に使われる表現が結構飛んでるから、数秒してからああそういうことかってなる部分が結構あった。あんなのよく思いつくなぁ。世界観が面白い。

     短い中にストーリーが凝縮されているから飽きずに読めるし、緩急がしっかりあるから読んでいて心地よかった。言い回しも結末も皮肉調なこともあるけど、結構ロマンチックなことも多い。ただの悲劇っていうのはなくて、絶対オチがあってテンポが良いから読んでて楽しい。どの話も、尺がちょうど良くて、満足感がすごいある。皮肉な結末とかどんでん返しがあるタイプの作品は、アガサクリスティーっぽさがあるなぁと思った。

     たとえ結末が予測できても、短いから時間の浪費感もないし、やっぱりね!ってスッキリした気持ちで読み終えれる。短編の良さに気づかせてくれた本だった。

     言語と文化の違いで、言葉遊びとかジョークとかがピンとこないところは多々あって、翻訳の限界があるのは否めない。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1862年9月11日 - 1910年6月5日 アメリカの小説家。テキサスで薬剤師、銀行員、新聞記者などの職を経験するが、横領の疑いで収容される。服役後、本格的に作家活動を始め、ニューヨークに移り住み、亡くなるまでの8年間で300近い作品を発表する。アメリカ文学史上、屈指の短編の名手と言われる。

「2021年 『オー・ヘンリー傑作集2 最後のひと葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

オー・ヘンリーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
アンデシュ・ハン...
ミヒャエル・エン...
凪良 ゆう
ジェイムズ・P・...
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×