中島かずきと役者人

  • KADOKAWA
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041092538

作品紹介・あらすじ

2019年、劇団☆新感線「偽義経冥界歌」、劇場アニメーション「プロメア」と手がけた作品が世に送り出された劇作家・脚本家の中島かずき。
彼自身が手がけた台詞を発するさまざまな役者人(やくしゃびと)に、
中島本人が、役への姿勢や演じることについて切り込む!

月刊ニュータイプの人気連載が一冊の単行本としてまとまりました。
「偽義経冥界歌」「プロメア」出演の役者に加えて、中島かずきとゆかりのある役者、総勢13名による対談集。
登場役者(順不同、敬称略)
早乙女太一、早乙女友貴、新谷真弓、松山ケンイチ、朴ロ美(ロは「王」偏に「路」)、宮野真守、梶裕貴、洲崎綾、藤原さくら、粟根まこと、上川隆也、福士蒼汰ほか

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 舞台やアニメで関わりのある役者13人との対談集。
    新感線座付作家として、というよりはアニメ脚本家としての顔が多く
    アニメ未見なのが勿体無く感じた。
    新感線も本来なら観ていたはずの偽義経やチケ取りすらできなかった無頼街の話題にはジリジリ。
    あー早く気兼ねなく上京して
    心置きなく芝居を楽しみたい‼️
    [図書館·初読·6月10日読了]

  • 新感線ファンで粟根さんファンで堺雅人ファンの私にとっては夢のような本。
    これを出して下さった関係者の方々。有難うございます!!

    声優さんのゲストも多いから中島かずきさんのアニメファンの方も楽しめる一冊だと思う。

    内容としては、舞台好きなので舞台関係の話が面白かったけど、それ以上に中島さんの物語の作り方の話が一番面白かった!そうやってあの舞台やアニメは出来たんだな、と。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

中島かずき(なかしま・かずき)1959年福岡県生まれ。舞台の脚本を中心に活動。85年4月『炎のハイパーステップ』より座付き作家として『劇団☆新幹線」に参加。以来、『髑髏城の七人』『阿修羅城の瞳』『朧の森に棲む鬼』など、”いのうえ歌舞伎”と呼ばれる物語性を重視した脚本を多く生み出す。『アテルイ』で2002年朝日舞台芸術賞秋本松代賞・と第47回岸田国士戯曲賞を受賞。

「2023年 『サンソン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中島かずきの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×