山の霊異記 ケルンは語らず (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
2.78
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 33
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041093047

作品紹介・あらすじ

山の空気を堪能する母娘の後をつけてくる黒い影、山登りの最中に知人からかかってきた電話に隠された秘密、暴風雨の夜テント泊の男性が遭遇した恐怖。山という場所の魅力と恐怖を畏怖の念とともに描きだす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2020/8/17 読了

  •  シリーズ5巻、今回はこれを国見温泉で張ったテントの中で読んでました。
     
     山登ってると序文の山、全部登ってるわぁ。
     なのはどうでもよくて、山で幽霊的な体験は全くない。
     不思議体験はあるけど。
     その不思議体験も15年前の話だし。

     たまには起きろよ霊的体験。
     新調したテントで今年も山に登りたい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1958年、東京都生まれ。ウェブサイト「北アルプスの風」を主宰。山登りと酒と煙草を愛する。99年、くも膜下出血を発症するも奇跡的に回復する。その後、サイト内にて怪談作品を発表。2004年、『幽』第二号から連載の「山の霊異記」でデビューする。08年に怪談集『山の霊異記 赤いヤッケの男』を刊行。怪談語りにも長けており、さまざまなメディア(怪談TV番組、『R25』、『ほんとにあった怖い話』など)で山の怪談の第一人者として取り上げられるなど活動の場を広げている。

「2020年 『山の霊異記 ケルンは語らず』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安曇潤平の作品

ツイートする
×