崎義一の優雅なる生活 太陽の石

  • KADOKAWA
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041093108

作品紹介・あらすじ

累計500万部突破の名作「タクミくん」シリーズに連なる、新たなる物語!
大人になったギイとタクミの物語 第4幕がついに登場!

この世に君が存在していることを誰よりも“幸福”と感じている――。
崎義一、通称・ギイは最愛の恋人・託生と甘い同居生活を送っている。
2人はサマーキャンプのスタッフとして、高校時代の友人である
三洲、真行寺と一緒に九鬼島を訪れることになった。
ギイたちは、そこで三洲が自身の謎を解こうとしているのを知り……。


【登場人物紹介】
崎義一/ギイ 
世界的大企業の御曹司。自身も若きリーダーとして高い評価を得るも、思うところあって引退。
葉山託生/タクミ
高校時代からの恋人であるギイと、ついに共に暮らすことに。井上佐智の助手として音大に勤務。
三洲新
託生とは高校3年生の時のルームメイトで、生徒会長をしていた。真行寺と恋人関係にある。
真行寺兼満
ギイと託生と同じ高校出身の1学年下の後輩。人懐こい性格。

【シリーズ1~3巻も好評発売中!】
1 崎義一の優雅なる生活 BLUE ROSE
2 崎義一の優雅なる生活 エリカの咲く庭
3 崎義一の優雅なる生活  忘れえぬ此の花を、此の想いを

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2021年6月西宮図書館

  • 新くんが、自分の生い立ちと向き合うストーリー
    新くんを応援したくなる一冊でした
    その先には『真行寺くんを可愛がってあげて〜!』という願いがある…(笑
    なんだかんだで みんな幸せ

    今作品は ギイとタクミの絡みが少なかったのが…ちょっと残念
    一番幸せになって欲しいのは…タクミくんである。

  • 新が独りじゃなくてよかった。真行寺がいてよかった。そう思わずにはいられない話だった。
    自分の秘密に向き合うのも、それを無視し続けるのも辛い。という状況になってしまっているのが伝わってきて、こちらまで悲しくなる。それでも、その状況をどうにかしようと向き合った新は強い。助けが必要なときに思い浮かぶ相手が近くにいるって、幸せなことだな。と思った。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

静岡県に生まれる。ピアノ教師を経て小説家に。著作に「タクミくん」シリーズ、「カナデ、奏でます!」シリーズ、『崎義一の優雅なる生活 BLUE ROSE』『崎義一の優雅なる生活 エリカの咲く庭』『闇にあかく点るのは、鬼の灯か君の瞳。』などがある。

「2021年 『崎義一の優雅なる生活 忘れえぬ此の花を、此の想いを』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ごとうしのぶの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×