すごい虫ずかん くさむらの むこうには

  • KADOKAWA
4.14
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041093214

作品紹介・あらすじ

カマキリのたまごから生まれた、200匹のあかちゃん。
そのうち大人になれるのは何匹だと思う?

オオカマキリにトノサマバッタ、オニヤンマにキアゲハにゲンゴロウにタガメ…人気の虫たちが、大迫力の絵で楽しめます。
虫好きの子はもちろん、虫がちょっぴり苦手な子も夢中になる、本格的な昆虫絵本。
ふだんじっくり見ることのできない虫の自然な姿を、じっくり観察することができます。
絵を見るうちに、気づくと虫の生態にもくわしくなれる!

【自由研究に使える!】
親としてどうかかわったらよいか悩んでいた夏の自由研究。絵本を読んだあと、「どんなところが“すごい”の?」と聞いたら、子どものやる気スイッチがオンに! 
楽しみながら取り組むことができました。
( 6歳男の子のママ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • キアゲハを追って、草むらの大冒険。
    迫力と勢いのある絵!
    虫と顔をつきあわせてる。
    夏休みの突き抜けた暑さと、風の涼しさも感じた。

    ゲンゴロウもタガメも小川にいる。なんて、すてきな場所なんだろう。

  • 主役はカマキリ !リアルで大迫力な絵に引きこまれ、娘と以前飼っていたカマキリの思い出話をしながら読んだ。

  • 昆虫の絵本には写真がおおいけれど、手描きならではの大迫力が虫好きにはたまらないかも。草原や水辺で自分も虫を探している気分が味わえます。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1988年東京生まれ。イラストレーター、画家、漫画家。第19回岡本太郎現代芸術賞入選。身近な虫をモチーフに、さまざまな作品を制作する。「ゆるふわ昆虫図鑑」(@64zukan)のTwitterやInstagramが人気。主な著作に『すごい虫ずかん ぞうきばやしを のぞいたら』『すごい虫ずかん くさむらの むこうには』『ゆるふわ昆虫図鑑 ボクらはゆるく生きている』『じゅえき太郎の 昆虫採集ぬりえ』(KADOKAWA)、『じゅえき太郎のゆるふわ昆虫大百科』(実業之日本社)など。いちばん好きな昆虫はタガメ。

「2021年 『すごい虫ずかん ひるの虫とよるの虫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

じゅえき太郎の作品

ツイートする
×