スーパーのお兄さん (1) (角川コミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041093672

作品紹介・あらすじ

とある地方に住み、ようやく東京の大学に受かった高校3年生の田中ミチル。進学を間近に控えたある日、彼は思わぬ事件に巻き込まれ、地元のスーパーの再建を担うことに……。果たしてミチルの運命は!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 河田先生の作品にしてはギャグ成分が控えめ…?と感じてしまう自分は既に毒されているのかもしれない

    本作は地方の個人経営スーパーを立て直す為に四苦八苦する青年たちを描くというもの
    そんなにガチな描写があるわけではないけれど、いわば地方スーパーが抱えている事情というものは隅々まで描かれている印象
    問題解決のためにアイディアを出し合う描写はかつての「学園革命伝ミツルギ」を思い起こさせるね

    スーパーを立て直すために集まったメンバーは力になるのかならないのかよく判らない人物ばかり。いや、千ヶ谷は普通に優秀なんだけど。むしろ彼の優秀さによってスーパーは持っているのじゃないかと思うくらい
    突然店長を任されることになったミチルはまだしょうがいないとしてもダチョウの卵に異様なこだわりを見せる灰庭とか明らかにおかしな人間だと感じさせる茨とかはトンデモない人物だね!
    彼らがスーパー立て直しの力になる未来が思い浮かばない……


    そういや、ポケットに大量に詰め込まれていたどんぐりは結局なんだったんだろう……?ホント、あれ何なんだろう……

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

■河田雄志・・・・・・「学園革命伝ミツルギ」(ジャイブ)で大ヒットを飛ばし、その後は原作:河田雄志、絵:行徒の名義で「ヴァン・ヘルシング」(ジャンプ改)、「ドン・キホーテ 憂い顔の騎士 その愛」(@バンチ)など数多くの作品を執筆。2013年よりシナリオ:河田雄志、作画:行徒妹の名義で「北斗の拳イチゴ味」を執筆し大ヒット。

「2018年 『北斗の拳 イチゴ味 ⑨』 で使われていた紹介文から引用しています。」

河田雄志の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×