【愛蔵版】新世紀エヴァンゲリオン (2) ([バラエティ])

著者 :
  • KADOKAWA
5.00
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 112
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041093696

作品紹介・あらすじ

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が2020年6月27日に公開される中、コミック版「エヴァ」が【愛蔵版】(全7巻)で登場! 著者の直筆メッセージとイラストをプリントした【記念色紙】付き!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ■書名

    書名:【愛蔵版】新世紀エヴァンゲリオン (2)
    著者:貞本 義行 (著), カラー (原著)

    ■感想

    新エヴァの簡潔に合わせて発売された愛蔵版です。
    昔、途中まで読んでいたのですが、あまりに刊行ペースが遅く途中から
    読まなくなってました。
    ですので、この機会に改めて読むことにしたのですが、まあ、売ってない・・・・
    これ本当に出回っているの??というぐらい売ってない。
    たまたまある書店に1巻以外が売っていたので2-5巻までを一気買いしたのですが
    これは重い・・・・・・ネットで買う方がやっぱり楽ですね~

    映画版の最後以外は、テレビ、映画を一応全部見ているので、2巻からでも
    特に違和感なく読めました。(1巻はいずれ再販されたら買います。)
    5巻まで一気読みしましたが、基本のストーリーはテレビ版と変わらない
    ですが、ちょくちょくセリフや展開が漫画版オリジナルのものがあります。
    キャラクターの性格も、漫画版の方がいいかもです。
    セリフ一つで、キャラが変わっていくのは面白いですね。
    この人の描く綾波は美人さんですね。独特の魅力があります。
    個人的には、加地さんがらみのシーンが結構変わっていて面白かったです。
    こういう過去やキャラでも全然違和感はないのが、上手いと思います。

    物語的には、5巻で終盤に入った感じですね。
    全員が壊れはじめて、カヲルとゲンドウを中心に物語の核心に迫っていきます。
    漫画版は最後どうなっているのだろう??
    綺麗に終わっているか分かりませんが、ここからも楽しみです。

    もう少し流通させて欲しいものです。

全2件中 1 - 2件を表示

貞本義行の作品

ツイートする
×