籠の鳥のオメガの運命の恋人 (角川ルビー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041093917

作品紹介・あらすじ

――僕は僕のことを何も知らない。長閑な村で暮らすルシェルは、村では不要な礼儀作法を学ぶことを義務づけられ、両親の顔も知らずに育つ。孤独を感じるルシェルの心の支えは幼馴染のレオだった。許されないと知りながら恋心が募るルシェルに、レオも「一番好きで、大切だ」と想いを返す。しかし突然、王都から迎えが来て、二度と村へは戻れないと告げられ!? 屋敷を抜け出すルシェルだったが、身体が熱く疼きはじめ、レオもルシェルの発する甘い香りに誘われて身体を重ねるが…?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最初は良かった。二人が引き離されてからの絶望的な展開。
    ここからどう巻き返していくのか…期待をこめて読んでいましたが。
    困った者同士、手を組んじゃおうZE☆的な展開にちょっとあっけに取られてしまった。
    まあこれはこれで、あまり見かけない裏技なので新鮮に感じる人もいるかもしれませんが。安易に目の前にハッピーエンドがぶら下げられてしまい、その後のモチベ―ションが続かなかったです。ルビーだから仕方がないのか?

  • 村で穏やかな日々を過ごしていたところからの、怒涛のように周りの環境が変わっていってルシェルが大混乱だったけれど、お母様の言葉で強くなろうとがんばる姿がよかった。途中からそのお母様に持っていかれた感が強いけれど、上手いこといってよかった。ドライデン国王がいいひとで好き。
    カワイ先生のイラストも素敵でした。

全3件中 1 - 3件を表示

月東湊の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×