トリガー 上 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.78
  • (5)
  • (17)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 139
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041094259

作品紹介・あらすじ

謀略の引き金はひかれた!
2020年7月24日、東京オリンピックがついに開幕した。現役検事ながら馬術競技韓国代表のキム・セリョンは五輪直前、二度も凶漢に襲われ、ある不正に関する極秘捜査をやめるように脅されていた。5月半ばには、在日米軍女性将校と北朝鮮の潜伏工作員の変死事件が相次いで発生。三つの事件の裏には、日韓の在日米軍に関するある謀略が蠢いていた――。アジアの安全保障を根底から揺るがすパンドラの箱が、いま開かれた!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2020年オリンピック開催時の日本を舞台に、日米韓さらに北朝鮮の工作員までもが入り乱れる謀略小説。
    巻頭の「主な登場人物」だけでも、警視庁捜査一課の刑事や警備部、内閣総理大臣に官房長官、国家安全保障局、最高検総務部長、韓国では大統領やソウル中央検察庁の検事、韓国国家情報院の幹部、米国の国家情報長官に在日米大使館員、さらに北朝鮮の工作員や彼らを束ねる在日の工作官に、「眠りネズミ」と呼ばれる潜伏工作員。
    そして、主人公ともなるのが元内調室長で調査事務所を営む合気道の師範と彼の部下。
    登場人物の多いうえに、彼らの関係が複雑に入り組み、さらに語り手が次々と変わるめまぐるしい展開に、迷宮に放り込まれたかのよう。
    物語は、オリンピックの馬術競技の最中に韓国選手への狙撃で幕が開ける。彼女はソウル中央検の検事で韓国大統領の姪。彼女は何のために、誰に襲われたのか。
    その前には、北朝鮮工作員の連続殺戮事件も。
    一連の犯行の目的は、その裏にあるのは何なのか。
    「眠りネズミ」とは、誰なのか。
    複雑に絡み合う各人の思惑と、各国の謀略めいた展開に目が離せない。

  • 最初の頃にトリガーが引かれて話が始まります。物語なのに、読みながら引き込まれて、現実と勘違いする感覚に何度もなりました。

  • 立て続けに起きる事件を中心に、日米韓の其々の思惑と振り回される工作員達の動きに緊張感と疾走感が良い感じに相まって、スパイ小説を存分に味わえます。
    登場人物が多く、名前も思い出しながら読む必要があるのが少し難点。
    全てが動き始めてきたので下巻に期待です。

  • 登場人物が多すぎて、何度も冒頭の登場人物を開いたことか。読み進めていくうちに、謀略、外交、スパイなど複雑な絡みが徐々に解けると同時に面白さが増して行く。下巻への期待が膨らむ。

  • 面白い!まだ上巻なのでなんとも言えないがスパイたちの腹の探り合いこの先どーなることやら。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1962年大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。新聞記者を経てフリーライターに。2004年刊行のデビュー作『ハゲタカ』がベストセラーに。『マグマ』『ハゲタカ2』『レッドゾーン』『プライド』『黙示』『売国』『当確師』『海は見えるか』など、現代社会の様相に鋭く切り込む小説を発表している。

「2021年 『プレス 素晴らしきニッポンの肖像』 で使われていた紹介文から引用しています。」

真山仁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×