夢で見たあの子のために (6) (角川コミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA
3.60
  • (2)
  • (8)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 135
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041094563

作品紹介・あらすじ

入院した一登を奪還するために火の男は病院を襲撃する。助け合い、そして仲睦まじく見える2人の仲だったが、その考え方にすれ違いが生じているようで…?そして一登と火の男との関係性の変化が千里の周りにも及び始めてしまい、遂には恵南に激しい危険が迫る!なぜ一登が火の男に付き従っているのか、13年前の真相が詳らかになる急転怒涛の第6巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【あらすじ】
    入院した一登を奪還するために火の男は病院を襲撃する。助け合い、そして仲睦まじく見える2人の仲だったが、その考え方にすれ違いが生じているようで…?そして一登と火の男との関係性の変化が千里の周りにも及び始めてしまい、遂には恵南に激しい危険が迫る!なぜ一登が火の男に付き従っているのか、13年前の真相が詳らかになる急転怒涛の第6巻!

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • 一登がバイク事故で昏睡状態に…
    一命はとりとめたが『生きてるのが不思議な位だ…』と、
    今回の怪我よりも頭蓋骨の中にある銃弾。
    病院から警察へ連絡があり
    若園とお目付け役の多治見が病院に着くと病院で爆発が!!
    これは「火の男」の陽動で一登は病院から連れ出されてしまう…
    悔やむ若園は千里にある写真を見せる。
    一登に時間がないと自覚した千里。

    拉致された恵南。

    今回はあの事件の真相が分かるけど…
    それにして父親と火の男も複雑な事情がありそうで…
    物語はもう後半にさしかかってる雰囲気。
    どうなるんだろう?「(ーヘー;)

  • 盛り上がって参りました

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

北海道出身、千葉県在住。第40回「手塚賞」佳作。第41回「手塚賞」準入選。1995年「アフタヌーン四季賞 春のコンテスト」準入選。代表作は『カミヤドリ』(角川書店刊)、『鬼燈の島』、『魍魎のゆりかご』(スクエア・エニックス刊)など。

「2021年 『夢で見たあの子のために (8)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三部けいの作品

夢で見たあの子のために (6) (角川コミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×