ヒストリア 上 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041095713

作品紹介・あらすじ

第二次世界大戦の沖縄地上戦で家族とすべてを失い、魂(マブイ)を落としてしまった知花煉(ちばなれん)。戦後の闇市で一時の成功を収めたのも束の間、米軍のお尋ね者となった煉は、新天地を求めて南米ボリビアへと渡る。しかしそこも楽園ではなかった。移民にあてがわれたのは伝染病が蔓延する未開の地。呆然とする煉に、米諜報機関CICの魔手が迫る。一方、魂が分裂したもう一人の煉は、若き革命家チェ・ゲバラに出会い恋に落ちてしまった……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2020年10月頃購入後、積読していたが、2021年5月読了。感想は下巻にて。

  • 単行本の時から気になっていたもの。それにしても、文庫化にあたって分冊化され、それぞれが千円もすると、結局単行本と変わらんがな、とか恨みがましく思いつつ。前からうすうす気付いてはいたんだけど、文庫化に際して分冊されそうな分厚い単行本は、もうさっさと買っちゃった方が良いのかも、って改めて思った次第。
    それはさておき、この前半戦。池永作品は3作目だけど、どうしても『絶賛大好き!』とならない理由が、やはり本作にも…。それは、ちょいちょい感じられる会話の不自然さと、行空きもなく唐突に移り変わる場面展開。後者は、識者にとってはむしろ魅力と考えられている節もあるけど、それはいかがなものか、と。とはいえ、突拍子もない物語設定が、どんどんページを捲らせるし、後半の盛り上がりも気になるところだし、面白いには違いないんだけど。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

池上永一

1970年沖縄県石垣市出身。94年、早稲田大学在学中に『バガージマヌパナス』で第6回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。97年『風車祭』が直木賞候補に。2008年刊行の『テンペスト』は、仲間由紀恵主演で舞台、テレビドラマ化され、大ベストセラーとなった。17年『ヒストリア』で第8回山田風太郎賞を受賞。

「2020年 『海神の島』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池上永一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
米澤 穂信
東山 彰良
川越宗一
劉 慈欣
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×