ヒストリア 下 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041095720

作品紹介・あらすじ

移民先の南米ボリビアで苦心惨憺の日々を送る知花煉(ちばなれん)。プロレス女王のカルメンや日系人カルロス兄弟という仲間を得て、農業や商売に奮闘していた矢先、煉は米国の謀略に巻き込まれ、空賊となって密輸を手伝う羽目に陥る。一方、チェ・ゲバラが革命に成功したキューバで、核戦争の危機が迫っていた。米ソ一触即発の裏で、煉は戦争阻止に動くが……。果たして煉は魂を取り戻すことができるのか? 激賞を受けた著者最高傑作!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジェットコースター展開はいつもの通りだけど、性格的には今までの池上ヒロインの中でも一番破天荒かも。しかし全く違和感はない。
    歴史の裏で架空のキャラクターが暗躍、みたいな展開はありがちだったかな。もう一人の自分を服で釣っておびき出すのは面白かったが。しかし、本体の方が堅実という設定にはなっているが、一般的に見れば十分破天荒なので、あまり違いがなくわかりにくかったな。
    池上氏のキャラが料理や芸術を好きなのが、生命力やセンスや頭の良さの表れとして表現されているところが好き。
    実際の生活が伴わない政治理念への反発(女性原理)は「テンペスト」と共通。それと、併合以降の沖縄の苦境の告発が、池上作品のアイデンティティか。政治的メッセージ性はかなり強いが、今のところエンタテインメント性の濃厚さが上回っているから説教臭くなく読めている。が、今後もエンタテインメント濃度をどんどん上げていかないと説教臭さが上回ってしまうだろうからハードル高そうだな。

  • 後半戦も面白かった~。読み終えて、表紙のインパクトほど、チェが前面に出てきてはいないな、っていう感想。要所要所で絡んではくるし、歴史的な重要性も込めて、ってことかも。それよりも、終始不気味な存在感を放ち続ける、元ナチスの殺し屋とかの方が、よほどインパクトがあった。そして、沖縄米軍基地の内部に、未だ終戦を見ていない己の魂を見るクライマックスが、何といっても圧巻。しばらく痺れてしまいました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

池上永一

1970年沖縄県石垣市出身。94年、早稲田大学在学中に『バガージマヌパナス』で第6回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。97年『風車祭』が直木賞候補に。2008年刊行の『テンペスト』は、仲間由紀恵主演で舞台、テレビドラマ化され、大ベストセラーとなった。17年『ヒストリア』で第8回山田風太郎賞を受賞。

「2020年 『海神の島』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池上永一の作品

ツイートする
×